プリンスの遺産を求め「半分血のつながった兄弟」と名乗る人物が700人殺到!

5月10日(火)17時58分 アサ芸プラス

 プリンスの遺産を求めて“半分血のつながった兄弟”と名乗る人物が700人ほど殺到しているという。先月に他界したプリンスが遺書を残していなかったことを受け、兄弟間で分配されるという2億万ドル(約215億円)の遺産を求めて名乗りを挙げてきた人物の事実確認を急いでいるところだそうで、モース・ジニアロジカル・サービスのハーベイ・モース氏はメールオンラインに、「弊社の電話は鳴りっぱなしです。恐らく600から700件の連絡が入っています。その中にはありとあらゆるものがあり、『同じ地域に住んでいたから血縁関係があるはずだ』というようなものから、『親族の集まりの写真にプリンスが写っている』というものまで多種多様です」と語っている。

 しかし、事実関係の怪しい個人の主張よりも書類上の証拠が好ましいとモース氏は訴えている。

 ミネソタ州の法律においては、両親か片親が同じである兄弟全員が平等にプリンスの遺産を受け取れることになっている。

 そんな中、プリンスの妹タイカ・ネルソンと腹違いの5人の兄弟シャロン、ノリー、ジョン・ネルソン、オマー・ベイカーとアルフレッド・ジャクソンは今後の遺産管理についての審問に出廷したところで、何百万ドルもの価値があると言われるプリンスの未公開の作品を含めた全ての遺産の一部相続を全員が希望していた。

アサ芸プラス

「プリンス」をもっと詳しく

「プリンス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ