篠田麻里子が演じる“同性好き女性”役に「シシド・カフカがよかった」の声!

5月10日(金)9時59分 アサ芸プラス

 不貞相手が亡くなるもその息子から好意を寄せられる香織(長谷川理恵)。行方不明になった夫の保険金がおり、気になる男性も現れるが、たび重なる無言電話にいぶかる友美(水野美紀)。そして不妊検査で夫に問題が発覚し、つい年下同僚と肉体関係を持ってしまった冴子(玄理)。さらには、女性が好きな女性・玲(篠田麻里子)からのキスで心を揺らす肉食女子の樹里(大政絢)。そんなふうに、現代女性がぶつかる悩みのデパートのような内容のドラマ「ミストレス」(NHK)が話題だ。誰もがシリアスな場面に直面してばかりの緊張感あるストーリーなのだが、ネット上ではある声が大きくなっているようだ。

「それは篠田演じる玲が、あまりに演技力が素朴ではないか、シリアスなドラマなのに彼女が登場するだけでコメディみたいに感じられるという指摘です。玲は同性好きの女性で口数が少なく、スタイリストとして仕事はできるがぶっきらぼうなキャラ。とはいえ、篠田が演じると、覚えてきたセリフを順番がきたからただしゃべっている感じで、気持ちが伝わってこないという声が聞かれるんです。そのため、篠田の役は『わたし、定時で帰ります。』(日本テレビ系)で、マジメすぎるあまり融通の利かないWEBディレクターを好演しているシシド・カフカが適役だろうという声も出ています。シシドはスタイリッシュで独特な雰囲気を持っている。同時期に放映中の2つのドラマを見ている視聴者には、シシドこそ、確かに玲のイメージにはぴったりに映るようなんです」(テレビ誌ライター)

 男性との肉体関係をスポーツのように楽しんでいる大政演じる樹里を、本当の愛とは何かに気づかせる重要な役割を担っている玲。それだけに、篠田の今後の熱演による“巻き返し”に期待したい。

アサ芸プラス

「篠田麻里子」をもっと詳しく

「篠田麻里子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ