チョン・ユミ、弾丸来日にも笑顔! 人気俳優とのエピソードを告白

5月10日(火)17時41分 シネマカフェ

チョン・ユミ/韓国ドラマ「イニョプの道」来日会見

写真を拡大

BSプレミアムの韓国ドラマ「イニョプの道」に主演するチョン・ユミが来日し、5月10日(火)に都内で会見を行った。

15世紀初頭の朝鮮王朝を舞台に、王権をめぐる陰謀に巻き込まれ、良家の令嬢から使用人の身分に落とされたイニョプ(チョン・ユミ)が、一途に愛を貫く元婚約者ウンギ(キム・ドンウク)と、近くで見守る寡黙な使用人ムミョン(オ・ジホ)に支えられながら強かに生きるさまを描いた、愛と闘いの物語。

チョンさんは2004年のドラマデビュー以来、数々の話題作に出演する32歳の人気女優。この日集まった多くの報道陣を前に「ヨロシクオネガイシマス」と笑顔を見せると、撮影や来日エピソードを語った。

時代劇の経験はあるものの「わたしが現代を生きている女性なので、現代劇をやった方が感情的にやりやすいです。時代劇は歴史の流れや歴史上の大きな事件から引き起こされる感情さえも役に込めなければいけないので演じにくいかな」と語るチョンさん。クランクイン前から撮影が過酷になることは聞いていたそうで、中でも「初日に撮影した、首を紐で縛られて引きずられるシーンは辛かった」とふり返ると、「大変なシーンばかり(笑)」と肩をすくめる。しかし、共演者に助けられたようで、「『推奴(チュノ)』に出演したオさんは、時代劇のノウハウや使用人としての生き方をよく知っているので教えてもらいました」と冗談を交えて説明。キムさんとは同い年だそうで、「作品を通して友達になって、演技や役者について相談できる相手になりました」とうれしそうに話した。

一泊二日の弾丸ツアーとなった今回の来日。昨日はあいにくの雨だったが「傘を買って、原宿と表参道を歩きました。すごく良かったです。焼肉も食べました」と楽しんだ様子。会見前に食べた弁当も「オイシイデスヨ〜」と報告。とりわけ、日本食では納豆がお気に入りなようで、「買って帰ります」と笑みをこぼしていた。

韓国ドラマ「イニョプの道」(全20回)は毎週日曜21時〜BSプレミアムにて放送。

シネマカフェ

「エピソード」をもっと詳しく

「エピソード」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ