【特別映像】パク・シフ&ユン・ウネ演じる夫婦の運命的な出会いとは…『きみの声を探して』

5月10日(火)14時48分 シネマカフェ

『きみの声を探して アフター・ラブ』(C)2015 LIAN ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

写真を拡大

パク・シフユン・ウネの2大スターが共演する韓中合作映画『きみの声を探して アフター・ラブ』。日本公開を間近に控えた本作から、本編の一部映像がシネマカフェに到着した。

航空会社に勤務するソンジュン(パク・シフ)は、10年かけてやっとパイロットになるが、右耳が不自由になり仕事を失った。地上勤務になり、半ば人生を諦めた状態で見合いをした女性ウノン(ユン・ウネ)と結婚するが、彼女に対して、なかなか愛情を感じられない。そんな中、ウノンは予期せぬかたちで命を落としてしまう。あまり多くを語らなかった彼女は「済州島行きのチケット」と「ボイスレコーダー」を残して逝ってしまった。彼女の死後、ソンジュンはウノンが残したボイスレコーダーの“音声日記”を聞き、彼女の初恋の相手が故郷・済州島にいたことを知る。妻が自分以外の誰かに想いを寄せていたことが分かり、済州島に向かい相手を探そうとするが——。

キャストには、『殺人の告白』で鮮烈なスクリーンデビューを果たし、今年は「町のヒーロー」(原題)でも韓国ドラマで3年ぶりに主演を務め、幅広く活躍するパクが、これまでの優しい男性とは一転して仕事ばかりで妻を顧みず、大切なものを失ってからようやく自らの過ちに気付く不器用な元パイロットを好演。そして、一世を風靡した大ヒットドラマ「宮〜Love in Palace」で天真爛漫な女子高生を、「コーヒープリンス1号店」では男装女子をキュートに演じ、韓流ファンの心をガッチリ掴んだユンが、本作では最愛の男性が心を開いてくれない中、それでも支え続ける献身的な大人の女性を演じ今までとは違う、新たな一面を披露している。

そして監督には、韓国初の100%フランス資本で作られた映画『プラスチック・ツリー』で、「マンハイムハイデルベルグ国際映画祭」最優秀映画賞を受賞し、また「モントリオール映画祭」や「ドーヴィル映画祭」など、多数の国際映画祭に出品され話題を集めた注目の監督、オ・イルソンが務めている。

今回解禁されたのはユン演じるヒロイン・ウノンが、パク演じる最愛の人ソンジュンと出会う重要な場面。 映像は、家族に会うために北京を訪れたウノンが、目新しい北京の街並みをカメラ片手に楽しそうに散策するシーンから始まる。そんなウノンに対し笑顔で声をかけようとするソンジュン。実は、前日にソンジュンは街中で体調が悪くなり、倒れたウノンを病院へ運んであげた男性だったのだ。しかし、倒れて意識を失っていたウノンはソンジュンが自分を助けてくれた人だと気付くことが出来ずそのまま素通りしてしまう。そして、似顔絵の路面店で友人との“ある想い出”の写真の似顔絵をお願いするウノン。そして、完成した似顔絵に友人を思い出し涙してしまう。そんなウノンにソンジュンはまた体調が悪くなったと勘違いし、慌てて駆け寄るのだった…。

突涙を誘う悲恋のラブストーリーに加え、ミステリーの謎を解き明かすようなストーリー展開からも目が離せない本作。元気な女子高生役から大人の女性へと成長したユンが演じるヒロイン・ウノン、そしてヒロインを優しく見つめるソンジュンとの出会いを公開前に、まずはこちらから覗いてみて。


『きみの声を探して アフター・ラブ』は5月14日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国にて公開。

シネマカフェ

「パク・シフ」をもっと詳しく

「パク・シフ」のニュース

BIGLOBE
トップへ