実写『アラジン』“プレミアム吹替版”、北村一輝が魔法のランプを狙うヴィラン・ジャファー役に決定

5月10日(金)4時0分 映画ランドNEWS

6月7日(金)公開のディズニー実写映画『アラジン』にて、魔法のランプを狙う邪悪なヴィラン・ジャファーのプレミアム吹替版を俳優・北村一輝が務めることが決定した。


アラジン


本作の“プレミアム吹替版”(プレミアム吹替版:台詞だけではなく歌まで完全に吹替えて公開される)では、アラジン役に俳優の中村倫也、ジャスミン役にミュージカル女優の木下晴香、ジーニー役をアニメーション版に続き山寺宏一が続投することでも話題を集めているが、この度、魔法のランプを使って王国の乗っ取りを企み主人公アラジンたちとバトルを繰り広げる邪悪な大臣ジャファーの吹き替えを俳優の北村一輝が務めることが新たに決定した。


北村が演じるジャファーは、手下であるオウムのイアーゴと共に常日頃から悪知恵を働かせ、隙あらば王の座を奪おうとする邪悪な大臣。さらには、ランプを手に入れる為なら、どんな手を使うことも厭わない悪役にも関わらず、『ライオン・キング』のスカーや『眠れる森の美女』 のマレフィセントらと並ぶ、ディズニーヴィランズの1人としても高い人気を集めるキャラクターでもある。


北村はジャファーについて「かなり悪いヤツですよ。狡猾さとしたたかさを併せ持っていて、蛇のようなしつこさです」と説明しつつ、「今回の実写版では新たなジャファー像が出来上がったと思います。悪役ではありますが、見方を変えると彼が引っ掻き回すことによってアラジンやジャスミン、そしてジーニーたちの物語が熱く進んでいきます。そこは是非注目して頂きたいですね!」と語り、物語の起点を作る大事な役どころであることを明かした。


さらには、「悪役の活躍する映画がすごく好きで、実写の映画でもそういう役を演じたいと思っていましたので、ジャファーにも魅力を感じていました。それがまさか時を経てその願いが叶うとは!」と自身念願の役に喜びのコメント。映画やドラマ、舞台にと幅広い役柄での豊富な演技経験を持つ北村が、一癖も二癖もあるジャファーをどのように演じきるのか大きな期待がかかる。


映画『アラジン』は6月7日(金)より全国公開


(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「アラジン」をもっと詳しく

「アラジン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ