横浜流星、「俺は流星」流ちょうなラップ披露に大盛り上がり

5月10日(金)21時6分 クランクイン!

映画『チア男子!!』初日舞台挨拶にて クランクイン!

写真を拡大

 俳優の横浜流星が10日、都内で開催された映画『チア男子!!』初日舞台挨拶に登壇。流ちょうなラップを披露し客席を沸かせていた。 本作は直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアチームをモデルに描いた小説を映画化。ケガをきっかけに幼少期から続けてきた柔道を断念した大学生の晴希(横浜)が、親友の一馬(中尾暢樹)の誘いで始めたチアリーディングを通じて、仲間の大切さや、前に進む勇気を得ていく姿を描いた青春物語。舞台挨拶には、横浜のほか、中尾暢樹、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大、主題歌を担当した阿部真央、風間太樹監督も出席した。
 
 撮影に入る前の3ヵ月、チアリーディングの特訓を行った横浜らメンバーたち。登壇者は口々に、その濃密な時間を過ごしたからこそ、絆とチームワークが生まれたと語る。瀬戸は「みんなで寝て風呂も入った。本当に青春を味わうことができた」と懐かしそうに語ると「謎のラップが流行ったよね」と言及する。続けて瀬戸が「『俺、流星』みたいなのやっていたよね」とつぶやくと、中尾も「やってた」と追随する。
 
 会場から「やって!」という声が上がると、横浜は照れくさそうに笑いながらも「俺は流星、彗星のごとく現れた流星、今日の空は快晴! みんなに『チア男子!!』見てもらいたいぜ!」と流ちょうなラップを披露。客席からは大歓声が上がった。
 
 またイベント後半では、浅香が横浜に熱い思いを吐露するシーンも。メンバーのなかで年上の浅香は、これまでイベントでは横浜に対してイジるような対応が多かったが、この日は「彼は責任感が強くて熱い男。大きなケガをして撮影が一時中断したときは、悔し涙を溜めていた。それでもケガをしてパンパンの手をかばいながらもやり切った姿は本当に格好良かった」とメッセージを送る。
 
 横浜は「大したケガじゃなかったんです。神様に感謝です」と語りつつも「みんなが一生懸命頑張ってきたことを無駄にしたくなかった。やり切れてよかった。浅香さんには本当に支えていただき、心強かったです」と熱い抱擁を交わしていた。

クランクイン!

「ラップ」をもっと詳しく

「ラップ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ