VAV、ストリートヒップホップ&ミリタリールックでギャップの魅力

5月10日(火)9時25分 KEJNEWS

【6日=KEJ金善花】カムバックを控えているVAVがコンセプトティーザーイメージを公開、ギャップを見せた。

7人のVAVは、ジェハン、キョウル、バロンの3人、セイントバン、ジェイコブ、エース、シャオの4人に分かれ、それぞれストリートヒップホップ、ミリタリールックといったコンセプトで“兄弟愛”を表現。

公開されたティーザーは、「Brotherhood」のミュージックビデオティーザーで見せている強いイメージとはまた違った魅力が収められており、ギャップを感じさせている。

VAVはデビュー前から次世代K-POPグループと注目されており、デビュー後も有名作家ハ・イルグォンとのコラボレーションウェブ漫画、モバイルアプリケーション、ゲームなど変わったプロモーションで他グループとの差別化をはかった。

最近はバロンとセイントバンが衣料ブランドの専属モデルに抜擢されたり、“VAVの突然スクールアタック”で学校を突然訪問してファンと交流したりしている。

VAVは5月10日に2ndミニアルバムを発売、同時にショーケースを開催し活動をスタートさせる。(写真=AQエンターテインメント)

KEJNEWS

「ギャップ」をもっと詳しく

「ギャップ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ