『釜山(プサン)行き』コン・ユ、カンヌ国際映画祭レッドカーペット歩く

5月10日(火)10時3分 KEJNEWS

【9日=KEJ金善花】カンヌ国際映画祭、非コンぺティション部門に出品される『釜山(プサン)行き』が予告編を公開した。

この映画は、前代未聞の災害が韓国を襲うなか、ソウル駅を出発した釜山行きの列車KTXに乗った人々の命を懸けた熾烈な死闘を描いた作品。

初公開された予告編は、ソウル駅を出発した列車内で主人公たちが戦いを繰り広げており、緊張感を伝えた。静かなソウル駅で正体不明の襲撃とともに始まるパニック状況は、映画の規模の大きさを感じさせた。

そしてコン・ユ、チョン・ユミ、マ・ドンソク、チェ・ウシクほか韓国を代表するヒット演技派俳優が出演、映画を盛り上げる。

第69回カンヌ国際映画祭に出品される同作。ヨン・サンホ監督とコン・ユ、チョン・ユミ、キム・スアンがレッドカーペットを歩く予定。

また予告編は、ポータルサイトNAVERで公開されている。(写真=NEW)

KEJNEWS

「釜山」をもっと詳しく

「釜山」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ