「体の線が細いから胸の存在感が...」夏帆、タイトな衣装のキャバ嬢役で話題に

5月10日(火)20時30分 メンズサイゾー

 福山雅治(47)主演のフジテレビ系月9ドラマ『ラヴソング』で、女優の夏帆(24)が色っぽい姿を見せていると話題になっている。


 この作品は、福山がシンガーソングライターの藤原さくら(20)扮するヒロインと出会い、音楽によって心を通わせ、失いかけた人生を取り戻すヒューマン&ラブストーリー。夏帆は共に広島の児童養護施設で育った藤原の2つ年上の女性を演じている。


 そんな夏帆にネット上の男性視聴者から、「セクシーな役柄だな」との声が上がっている。というのも、彼女のキャラクターは結婚を間近に控えたキャバクラ嬢という設定のため、胸元がざっくり開いたワンピースやボディラインが確認できるタイトな服装で登場しているのだ。


 9日の第5話でも、バストのカタチがはっきりわかるシャツと黒タイツ美脚がセクシーなミニスカート姿を披露。この回では、マリッジブルーに悩む夏帆の様子が描かれたため出演シーンも長く、多くの男性ファンを魅了した。


 藤原と絡んだ場面では、ゆったりとした服装で激しく動き回ったことから、あわや胸チラというショットもあり、Twitterなどには、「つい胸に目がしまう」「体の線が細いから胸の存在感がハンパない」などと興奮気味な声が相次いだ。明るい髪色のキャバクラ嬢スタイルも好評で、セクシーな雰囲気に見惚れるファンが続出している。また、藤原との回想シーンでは女子高生時代も演じており、ツインテールのセーラー服姿も「初々しい」と評判だ。


「夏帆さんといえば、ドラマ『ケータイ刑事 銭形零』(BS−i)や『オトメン(乙男)』(フジテレビ系)といった初期主演作で見せていた黒髪ロングヘアの清純派スタイルを思い浮かべる人も多い。キレイな黒髪が印象的な彼女は、シャンプーのCMなどにも起用されていました。そんな彼女が今回のドラマでは、派手な髪色のキャバクラ嬢を演じており、ネット上には『夏帆ってこんな子だったっけ』と驚きの声もあります。10代のころから活躍する彼女には、いまなお美少女イメージを持っている人も多いようです」(ネットライター)


 だが、ここ数年の夏帆は色っぽい役に挑戦することも増えてきている。2013年に放送された深夜ドラマ『みんな!エスパーだよ!』(テレビ東京系)では、大胆なパンチラショットを何度も披露し、これまでのイメージを大きく塗り替えたと話題になった。また、同年に放送された特別ドラマ『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)でも、太ももがあらわな短パン姿で共演者を誘惑する謎の女子大生を演じていた。


 それでも、昨年の映画『海街diary』では、女優の綾瀬はるか(31)、長澤まさみ(28)、広瀬すず(17)と共に美人4姉妹を演じ、ほぼスッピンに近いメイクでお気楽な性格の三女を好演した。この作品では『第39回日本アカデミー賞』の優秀助演女優賞も獲得し、演技派としての地位を固めつつある。


 美少女からセクシーキャラまで、さまざま役を演じてきた夏帆。そんな彼女をよく知るファンは、『ラヴソング』で魅せている色っぽい姿にも違和感はないようだ。そのため、ネット上ではさらに刺激的な姿を披露してくれるのではとの期待も高まっている。5日の回は平均視聴率8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、自己ワーストを記録してしまった同作。夏帆のセクシーな姿が起爆剤になればいいのだが...。
(文=aiba)

メンズサイゾー

「夏帆」のニュース

BIGLOBE
トップへ