あまちゃんOPの音源要望殺到、iTunesなどでの先行配信がスタート。

5月10日(金)0時0分 ナリナリドットコム

初回視聴率20.1%で発進以降も、好視聴率を連発するNHK連続テレビ小説「あまちゃん」。驚きを表現する方言“じぇじぇじぇ!”は流行の兆しを見せ、ヒロイン・能年玲奈(19歳)の人気もうなぎ上りと話題に事欠かない同作だが、そんな「あまちゃん」のオープニング曲「あまちゃん オープニングテーマ/ロングバージョン」の先行配信が5月10日よりスタートした。

音楽家・大友良英による、スカやチャンチキの要素を取り入れたオープニングテーマは、歌ものが続いていた朝ドラの久々のインストテーマ曲。オープニングは軽快な音楽に合わせ、ぴょんぴょん飛び跳ねる能年や美しい北三陸の風景のイメージと相まって、老若男女問わず「朝から元気になれる!」と評判だ。

4月1日の放送スタート以降、「通勤、通学時に聴きたい!」「今年の運動会の行進曲にしたい!」など音源リリースの要望が殺到していたが、そうした声に応える形で、5月10日よりiTunes、レコチョクなどにて先行配信が始まった。

また、待望のサウンドトラックも6月19日に発売が決定。月曜日以外にオンエアされているオープニングテーマのレギュラーバージョン含む、ドラマを彩る全35曲のインスト曲が収録される。なお、CDオリジナル特典として、脱力必至の「あまちゃん ゆるキャラステッカー」や大友による入魂の全35曲全曲解説も封入されるというから、ドラマファンにはたまらないアイテムとなりそうだ。


☆「あまちゃん オープニングテーマ/ロングバージョン」大友良英の楽曲解説

オープニングは、紙芝居でいえば「はじまり、はじまり」のかけ声。ここからドラマがはじまりますよ……という扉をあけるためのモノだと思っています。なにはともあれ、ここからがドラマ、そんなオープニングになればいいかなと思って書き始めました。

オープニングテーマのスケッチを書いたのが2012年の8月末、はじめて久慈や北三陸の海岸に取材に行ってウニをたらふく食べた直後です。これを10人編成で録音したのが9月11日。このときは二種類のデモを録音しました。演出やスタッフのみなさんはこれを聴きながら撮影にはいってくれました。

その後、あがってくる映像や台本を見ながら、このスケッチを発展させて11月には新たなデモバージョンを6人編成で録音。それをたたき台にさらにスタッフで話し合いを重ね、最終的な完成形を40人編成で録音したのは2013年の1月。一見スーダラした曲ですが、演出やスタッフのみなさんとアイディアを交換しつつ、実際に生演奏で何度も録音しながら半年かけて練り上げていった作品です。

ストリングスは別日に録音しましたが、ブラスやリズムセクションは旋律とコードだけが書いてある譜面を使って、その場でヘッドアレンジしながら録音しました。即興的なからみや、その場で変更した個所もあって、みなでわいわいやりながらの録音でした。

こうして出来たオープニングテーマ、実は2種類のバージョンがあります。月曜日が長めのロングバージョン。他の日が12曲目に入ってるレギュラーバージョンです。月曜が長いのは、週はじめには出演者名だけでなくスタッフ名も出るからなんです。このロングバージョンでは、サビから最初のメロにもどるところで何段階か転調、最後は出だしより高いキーになる展開になってます。

ナリナリドットコム

「あまちゃん」のニュース

BIGLOBE
トップへ