“ソー”クリス・ヘムズワースは優しいパパ、娘の誕生日ケーキ作る。

5月10日(火)10時49分 ナリナリドットコム

「マイティ・ソー」主人公のソー役などで知られる俳優のクリス・ヘムズワース(32歳)が、娘の誕生日ケーキを自分で作ったそうだ。

インディアちゃんの4歳の誕生日を祝うためのケーキが地元のベーカリーで用意出来ないことに、妻で女優のエルサ・パタキー(39歳)と共にガッカリしたクリスは、自分で作ろうと決意。恐竜型のケーキの写真をInstagramに投稿し、「ベーカリーに娘のケーキを作る時間がないと言われたらどうする? 自分で作るのさ!『ラ・T・レックス・ア・ラ・チョコレート』と名付けたよ」とコメントを添えた。

さらに2歳の双子を持つクリスは、台所に立つことが多いようで、先日はエルサが「スノーホワイト/氷の王国」の試写会後にクリスとインディアちゃんが料理をしている姿に「パパが『スノーホワイト/氷の王国』プレミアの後に夜食を作っているところ」とコメントをつけて、Instagramに投稿していた。

2010年に挙式した2人は最近、マリブとサンタモニカにあった自宅を売却し、クリスの故郷であるオーストラリアへと引っ越したところで、クリスは「ロスも大好きだよ。仕事の機会と共にあそこにいたことは最高だったけど、我が家っていう気分にはならなかったんだ」「でもオーストラリアでは飛行機を降りた瞬間に帰ってきたって気分になったよ。子供たちにその気持ちを感じてもらいたいって言うことは必要不可欠だと思うんだ」とその感想を語っていた。

短期間の交際期間を経てスピード婚した2人だが、クリスはエルサが運命の人だとすぐに感じていたそうで、「お互いにとってそれが当たり前のように感じたんだ。2人ともそれまで感じたことのなかったような快適さを感じていたからね」と話していた。

ナリナリドットコム

「ケーキ」をもっと詳しく

「ケーキ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ