芸能人の被災地訪問 追っかけによる路上駐車に現地で疑問の声

5月10日(火)7時0分 NEWSポストセブン

体育館で人気歌手が熱唱する姿に目を輝かせる子供たち。屋外の炊き出し会場では、お年寄りが大俳優の作る豚汁を頬張っている。


テレビで連日流されるのが被災地を慰問する芸能人の姿である。道路が復旧した4月以降、石原軍団、EXILE八代亜紀和田アキ子など豪華面々が、ボランティアや炊き出し、慰問活動に勤しんでいる。避難所生活を営む人々にとって彼らの志は、大きな励みとなっているだろう。


だが、一方でこんな声もある。宮城県石巻市の避難住民が声を潜めながらいう。


「タレントが訪れて炊き出しをしてくれた。スターと触れあえるなんて一生の思い出ですよ。でもね、会場近くには路上駐車がいっぱい。大渋滞になって、買い物や本当に必要な物資を運ぶのに苦労したんです」


渋滞に拍車をかけたのが、明らかに被災者ではない追っかけの存在だ。わざわざ関西からきたファンもいて、


「これじゃ、非常時に緊急車両も自衛隊も通れない」

「お祭りじゃないんだ」


と憤る住民もいたという。


※週刊ポスト2011年5月20日号

NEWSポストセブン

「路上駐車」をもっと詳しく

「路上駐車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ