朝ドラでの演技光る川栄李奈 「いい意味で地味」との評

5月10日(火)7時0分 NEWSポストセブン

女優としての評価を高めている川栄李奈

写真を拡大

 NHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』で女優・川栄李奈(21)の出演シーンが増えてきた。第5週(5月2日〜)はまさに川栄ウイーク。川栄演じる仕出し屋「森田屋」の娘・富江は、破いてしまった制服を隠す事件を起こしたり、解決後に主人公の常子(高畑充希)と制服を着て街に繰り出したりと、大忙しだった。富江はおとなしい性格のためセリフは多くないが、川栄は少女の微妙な心情の変化をうまく表現しており、朝ドラファンにも好意的に受け入れられているようだ。


 昨年8月にAKB48を卒業した川栄は、バラエティーではおバカキャラなところを見せていたが、女優としては監督や共演者から高い評価を受けている。卒業の翌月に公演された初主演舞台『AZUMI 幕末編』では、迫力の殺陣シーンを披露。構成・演出を務めた岡村俊一氏から「今の演劇界では1位を獲れると思う」と絶賛されるなど、その非凡ぶりは芸能ニュースでもたびたび取り上げられていた。


 テレビウォッチャーでもある漫画家のカトリーヌあやこさんも、女優としての川栄に早くから注目していた一人だ。


「私が初めて、『この子、演技が上手だなあ」と思ったのは、『セーラーゾンビ』(2014年、テレビ東京系)というドラマを観た時でした。その時から注目するようになって、『ごめんね青春!』(2014年、TBS系)でもまた驚かされました。第1話でキレるシーンがあるのですが、針が振りきれる瞬間というのをとても見事に演じていたのです。


『ごめんね青春!』は宮藤官九郎さんが脚本を書いている舞台的なドラマ。そういうドラマでは、やりすぎるとコントみたいになるし、中途半端だと何をやっているのかわからなくなる。振り幅がはっきりわかっていないと演じきれない難しさがあるものですが、彼女はその絶妙なさじ加減をわかっている。女優としての勘がいいのかもしれません」(カトリーヌあやこさん・以下「」内同)


 AKB48を卒業して女優業に力を入れようとする元メンバーは少なくないが、もしかすると、川栄は他の誰よりも女優向きなのかもしれない。他の「元AKB女優」たちとはどう違うのか。


「元AKBといっても、川栄さんは中心メンバーではなかったので、“AKB感”が薄く感じられます。センターで活躍していた前田敦子さんや大島優子さんは、ドラマや映画に出た時にどうしてもAKB時代の顔が見えてしまいますが、川栄さんはそういったことがありません。


 決して目立つわけではないけれど、いい意味で地味さがある。だからどんなドラマに出ても、ナチュラルに馴染めるのではないでしょうか。『とと姉ちゃん』では割烹着がとてもよく似合っていて雰囲気がありますし、現在放送中のもう一本のドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』(フジテレビ系)でも主演の松下奈緒さんの妹役が見事にはまっています。こちらはしっかり者の既婚者役で、『とと姉ちゃん』の富江とはまた違いますが、設定が変わっても彼女のナチュラルさはしっかり保たれています」


 AKB48時代は握手会で暴漢に襲われるという大きな不運があった。また、NHKの朝ドラのオーディションには過去に2、3回落ちていたといい、見かけによらず苦労人である。『とと姉ちゃん』でようやく回ってきたチャンスを、活かすことはできるか。


「アイドル時代よりも、女優に専念している今のほうが輝いているかのようです。もう一つの顔を持っていたということでしょう。NHKの朝ドラは脇役で『いいな』と思われると、その後も使われやすい傾向があります。高畑充希さんや土屋太鳳さんのように、脇役から主役に抜擢されることもある。朝ドラから朝ドラを渡り歩いて、コツコツと演技を磨いてほしいですね」


「元AKB」の肩書きも、そろそろ不要かもしれない。

NEWSポストセブン

「朝ドラ」のニュース

BIGLOBE
トップへ