観光客1万人超えの広島の有名猫駅長は坂本龍馬似

5月10日(火)16時0分 NEWSポストセブン

勤務時間はフリーの広島の猫駅長「りょうま」

写真を拡大

 6年前、志和口(しわぐち)駅に1匹のオス猫が現れた。人懐こい彼は駅を利用する人たちに愛され、あるとき「この猫は顔もええし、猫駅長にしたらどうじゃろうか」という声があがり、駅長に就任。制帽をかぶって乗降客を見守るようになったのである。


「最初は、近くに毛利元就の郡山城趾があるけぇ、『もとなり』になりかけたんじゃが、凛々しい顔が坂本龍馬に似とるいうて、この名になったんじゃ」


 りょうま駅長を盛り立てているのは、有志で結成された『りょうまを見守る会』の人々で、会員数は約60名。中には“元志和口駅長”の会員もいて、業務指導はバッチリだ。


「志和口駅は、一日の利用客が600人ほどの小さな駅じゃけぇ、だいたいが顔見知り。でも最近、遠くからわしに会いに来たっちゅう人たちがようけおるんじゃ」


 そう、数年前からインターネットやテレビでたびたび取り上げられるようになった彼は、一躍有名猫に。全国放送のテレビに出た週末は100人を超える人がりょうま駅長をひと目見たいと足を運び、4月15日にはついにその数が1万人を超えた。


「ありがたいことじゃのぅ。え? ついでに観光したい? うーん、まぁ、駅周辺にゃ何もないけぇのぅ。帰りにゃ宮島や原爆ドームに寄ってみんさい。お好み焼きも食べて帰りんさい」


【プロフィール】

名前:りょうま ♂

年齢:11歳(推定)

種類:猫

勤務先:JR西日本芸備線・志和口駅(広島市)

職種:志和口駅・駅長

主な仕事内容:志和口駅を利用する人と、会いに来られた人の癒しになること。地域に明るい話を提供し、活性化すること。

お給料:基本的に奉仕活動じゃけぇ、なし! 食べものはみなさんからの差し入れ。

好きなこと:駅周辺の巡回パトロール。

嫌いなこと:嫌いやないけど、小さいお子さんはちょっと苦手なんよね。

現在の悩み:わし自身には悩みはないけど、みんなは「変なもの拾い食いせんか」って心配しよるね。

将来の夢:わしに会いに来てくれる人が2万人を超えるまで元気でがんばりたい!!


撮影■山口規子


※女性セブン2016年5月12・19日号

NEWSポストセブン

「坂本龍馬」のニュース

BIGLOBE
トップへ