グラドルが甲冑を脱いでビキニ姿に TV番組『鎧美女』が人気

5月10日(水)7時0分 NEWSポストセブン

注目を集める『鎧美女』。やがて美女は甲冑を脱ぎ…(公式HPより)

写真を拡大

 美女が、身につけた甲冑を少しずつ脱いでいき、最後にはビキニ姿に——。一風変わった”武将バラエティー”が話題を集めている。以前から番組に注目していたコラムニストで時代劇研究家のペリー荻野さんが、番組の魅力について解説する。


 * * * 

 歴女、城巡り、刀剣と近年、歴史関連のブームが次々話題になっているが、今は「甲冑」なのである。


 今年のGWイベント関連のニュースでもひときわ目を引いたのが、小田原最大の祭りという「小田原北條五代祭り」。毎年、大勢の武者が通りを練り歩くことで知られる祭りだが、今年はなんと2000人もの「武者」が集結。小田原ふるさと大使合田雅吏が北条早雲、高嶋政伸が『真田丸』で怪演した北条氏政の姿で馬に乗ってにこにこパレードする中、注目されたのが、りっぱな甲冑を身に着けた「侍大将隊」であった。


 なんとその艶やかな甲冑は、段ボールなどによる精巧な手作りだという。確かに城や刀剣は、手作りでカスタマイズというわけにはいかないが、この甲冑なら…って、みんなそんなに甲冑を身に着けたかったんだ!侍大将たちのうれしいそうな表情から、その喜びがしっかり伝わってくる。

 

 しかし、甲冑は「着たい」だけでなく「着せたいもの」でもあるのである。いつかこのコラムで取り上げたいと思っていた番組、フジテレビONEなどで放送中の『鎧美女』。初めて番組の存在を知った時には、驚きのあまり口あんぐりだった。


 番組では、毎回、和風の座敷などの現場に、グラビアアイドルが有名武将のリアルな甲冑を装着して登場。その武将や甲冑のいわれなどを紹介しつつ、少しずつ甲冑を脱いでいき、最後はビキニ姿でセクシーポーズ。さらには、甲冑に締め付けられて素肌にできた痕跡(番組専門用語で『甲冑痕』という)を癒すため、ローションマッサージを施されてうっとりする。締めくくりにはその武将が遺した名言を、筆でぐいっと筆記するというもの。


 たとえば、大河ドラマの主役にもなった「黒田官兵衛」に扮したのは、森田涼花。ドラマでもおなじみになった赤いお椀を伏せたような形の兜を被り、顔面にはごつい面頬、ボディには重そうな胴や袖、籠手や脛あてまで着けて現れ、仁王立ちになったはいいが、どう見ても華奢な体には装備が重量オーバーでふらつき気味だ。


 それが「鎧のひもを解く…」と甲冑から次第に解放されると、オレンジ色の水着姿でこんにちは。甲冑痕も優しくケアされ、最後は官兵衛の名言「人に媚びず、富貴を望まず」を見事に書すのであった。


 番組のおかげで、ヘリコプターの羽根のようなのがびよーんと広がった藤堂高虎の兜のファンになった私だが、やっぱり主役はそれを被っていた美女(西崎莉麻)なんでしょうな。キャッチフレーズは「日本史上、最も優美な武将バラエティ」とか「日本史上、最も艶美な武将バラエティ」などなど。確かに。公式HPには、「歴史とグラビアを融合させた新しい番組」とあるが、これは融合というべきものなんでしょうか…。


 興味深いのは、2015年の番組スタート以来、「伊達政宗」や「織田信長」など有名武将が鎧の中身の女子を替えて、たびたび登場していること。同じ美女が別の武将の鎧を身に着けることもある。甲冑は同じでも身につける美女が変われば、ムードも変わる。鎧美女のバリエーションは永遠に増え続けるのである。何百年も前の鎧を着たり、脱いだり、作ったり。日本ってすごい。

NEWSポストセブン

「甲冑」をもっと詳しく

「甲冑」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ