一般参賀での紀子さまのドレス「雅子さまと同系色」に驚き

5月10日(金)16時0分 NEWSポストセブン

一般参賀では多くの国民から割れんばかりの歓声が起きた(撮影/横田紋子)

写真を拡大

 昼過ぎには気温が25℃に迫り、爽やかな五月晴れだったのが一転、東の空から黒い雲が現れ、遠雷も響いた。


 5月4日、皇居・宮殿で天皇陛下のご即位を祝う一般参賀が行われた。天皇皇后両陛下、秋篠宮ご夫妻をはじめ皇族方が宮殿・長和殿のベランダに立たれ、眼下の東庭を埋め尽くす参賀者の祝意に笑顔で応えられた。


 最終6回目のお出ましは午後3時からの予定だったが、その前から冷たい風が吹き始め、天候を考慮してか10分前倒しになった。そして、皇族方が退出されるタイミングを見計らったように、パラパラと小雨が降り始めた。


 その日の参賀者は14万人超。昭和から平成への御代がわりの時より3万人上回った。元宮内庁職員で、皇室ジャーナリストの山下晋司さんはこう振り返る。


「ご退位に伴う御代がわりだったため、社会全体が明るい雰囲気で、皇室への関心が高まった印象を受けました。多くの人が一般参賀に足を運んだのも、新しい両陛下に親しみを感じている人がそれだけ多いということでしょう」


 広場にはピンクの文字で《佳子さま》と書かれたうちわを持った参賀者も見られ、「皇室と国民の関係がよりフラットになった新時代の到来を期待させられた」(皇室記者)という。


 新皇后になられた雅子さまは、鮮やかなイエローのドレスに身を包まれた。25年前のご婚約会見の時と同じで、雅子さまにとっては、いわゆる“勝負カラー”だ。


「雅子さまのドレスは首元に趣向を凝らした刺繍が施されたもので、おそらく新調されたのでしょう。


 ところで、どうしても気になったのは、お隣に立たれた秋篠宮妃、紀子さまのアイボリーのドレスでした。肉眼で見ると薄いイエローがかっていて、雅子さまのドレスと同系色に見えた。通例では、皇后さまのドレスの色とかぶらないように各妃殿下が調整されることになっているので、これには心底驚きました。また、お手振りの際には紀子さまが雅子さまの一歩前に出ていたようにも見え、より目立っていらっしゃいました」(前出・皇室記者)


※女性セブン2019年5月23日号

NEWSポストセブン

「一般参賀」をもっと詳しく

「一般参賀」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ