セレーナ・ゴメス苛立つ 「ジャスティンと結婚を」と書かれた紙を見せられて

5月10日(火)12時50分 Techinsight

もうジャスティンは嫌?(出典:https://www.instagram.com/selenagomez)

写真を拡大


何度も交際、破局を繰り返し、最近また良いムードになっていたはずのジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメス。しかし今はオフ状態のもよう。ステージに立ったセレーナは、“ある行為”でジャスティンへの嫌悪感をあらわにした。

このほどカリフォルニア州にて開催されたコンサートに、セクシーに決めたセレーナ・ゴメスが登場。その客席には「ジャスティン・ビーバーと結婚して」と書いた紙を持つファンがいた。それに気づいたセレーナは、ステージの端まで歩み寄り「それを私に」。紙を受け取るなりクシャクシャにし、ポイ捨てしてファンを驚かせた。

ちなみに先日、ジャスティンはセレーナと過去に撮影したキス写真をネットで公開。これにセレーナは大変喜んだと伝えられジャスティンのショーにも顔を出したが、複雑な関係はやはり複雑なまま。モデルのヘイリー・ボールドウィンと離れられぬジャスティンにセレーナが激怒したという説もあるが、本人達は今の関係についてコメントしていない。



出典:https://www.instagram.com/selenagomez
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

セレーナ・ゴメスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ