ジャスティン・ビーバー、顔の十字架タトゥーに込めた強い信仰心

5月10日(火)19時30分 Techinsight

タトゥーに秘めた思いとは?(出典:https://www.instagram.com/justinbieber)

写真を拡大


先日髪をバッサリ切り、バズカットにしたジャスティン・ビーバー。さらに目元に小さな十字架のタトゥーを彫り込んだが、それには“ある意味”があったという。

このほどジャスティン・ビーバーの目元に十字架のタトゥーを彫ったアーティストが、『Us Weekly』にこうコメントした。

「ジャスティンがやってきて、目尻の部分に小さな十字架を彫ると決めたんですよ。」
「神との目的。それを見つける旅を表すものです。」

とても信仰心の強いジャスティンだが、2012年あたりから徐々に荒れはじめ警察沙汰を起こしたこともある。そんな彼を誰もが心配する中ジャスティンは不良行為を繰り返していたが、ある朝目覚めふと「神の声が聞こえた」と思ったのだそう。それを機に生き方を変える決意を固めた彼は、すぐにマネージャーに連絡を入れ更生に向けて努力を始めたという。

体にも十字架を、そして脚にはイエス様のタトゥーまで彫り込んであるジャスティン・ビーバー。時には聖書の勉強会にも通うほど、彼は神に傾倒している。

出典:https://www.instagram.com/justinbieber
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

「ジャスティン・ビーバー」のニュース

BIGLOBE
トップへ