伊藤英明が笹崎里菜アナの“ホステス過去”を揶揄して微妙な空気に…

5月11日(水)9時58分 アサ芸プラス

 ホステスをしていた過去を理由に、入社が決まっていた日本テレビから内定を取り消され裁判沙汰となった笹崎里菜アナ。現在は「シューイチ」でレギュラーを務め、番組企画内では東京マラソンを完走するなど、アナウンサーとして与えられた仕事を着々とこなしているようだ。

 しかし、そんな笹崎にあのイケメン俳優が厳しい一言を浴びせたという。それは映画「テラフォーマーズ」の出演者に笹崎アナがインタビューしていた時のことだった。

「映画内に出てくるゴキブリが進化した生物“テラフォーマー”にひっかけて、出演者同士でお互いを虫に例えるコーナーがありました。虫というテーマなのに武井咲山下智久のことをミーアキャットに例えるなど、和やかな雰囲気で終わるはずでしたが、突然、伊藤英明が笹崎アナのことを“チョウチョ”に例えたんです。ご存知の通り、ホステスは別名夜の蝶とも言われていますから、完全に狙っているとしか思えません。さらには、『(アゲハ蝶は)よく見ると気持ち悪いよね』とグサリ。これには笹崎アナも苦笑いするしかなく、微妙な空気でインタビューは終了しました」(テレビ局員)

 過去には、有吉から「腫れ物」とあだ名をつけられたこともある笹崎アナ。伊藤からイジられたことを心の中ではオイシイと思っていたりして?

(佐藤ちひろ)

アサ芸プラス

「笹崎里菜」をもっと詳しく

「笹崎里菜」のニュース

BIGLOBE
トップへ