注目ワード南野陽子・ダメ夫で南野陽子引退危機? 虫歯・時限爆弾 アマゾン・サービス 栃ノ心・大関 YouTuber・バーチャル 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

【シネマモード】恐怖と美、嫌悪と陶酔の世界! 『イノセント・ガーデン』

cinemacafe.net5月11日(土)11時0分
映画に国境はないといいますが、正直言って、日本の映画人が世界規模で活躍すれば嬉しいもの。というわけで、今回はその反対に、かなり悔しい思いをしました。立て続けに、韓国の映画監督の実力をまざまざと見せつけられ、呆然としつつ、我に返ったときにかなり羨望したのです。「ああ、これは凄いぞ、やられたな」と。そりゃ、すでに分かってはいたのです。パク・チャヌクやキム・ギドク、ホン・サンスが大した監督だということは。

同じアジアの仲間だと思えば嬉しいものですが、永遠の(良き)ライバルだと思えば、やっぱりモヤモヤする気持ちは止められません。悔しいほどに、凄いから衝撃を受ける。その興奮も冷めやらぬままに、韓国の名匠たちの作品を、今月はご紹介したいと思います。

初回は、『イノセント・ガーデン』でハリウッド・デビューを見事に飾ったパク・チャヌク監督の話題です。作品に関する情報が届いたときには、かなり驚きました。全米デビューにしてキャストは、ミア・ワシコウスカにニコール・キッドマン。いったい、これほどまでに個性のある二人の女優を配して、どうチャヌクらしさを残しているのかが気になって仕方がありませんでした。チェン・カイコーの『キリング・ミー・ソフトリー』のようにはなってはいまいかと。でも、始まって数秒で、その心配は吹き飛びました。むしろ腕を上げている、と確信できたのです。彼は、どこで、だれと、どんな文化背景の物語を撮っても、自分らしい作品を創ることのできる人だったのだと。

ヒロインは、鋭すぎる感覚を持つ少女・インディ。美しい母はいるものの、良き理解者であった父を事故で亡くし、ますます自分だけの世界に閉じこもっていこうとするのです。そんな彼女が18歳の誕生日を迎えたとき、不思議な「鍵」が贈り物として届きます。それとタイミングを同じくして、今まで存在すら知らなかった父の弟、叔父が突然現れて…。インディの世界はますますバランスを崩していくのです。

こんな不思議な物語を前に、どんどんいけない深みにはまっていくかのような感覚をおぼえた私。展開する世界は、息もとまるほどに美しいのに、漂っているのはただならぬ緊張感。次々に起きる不気味な出来事も、「鍵」が開けてしまうのが禁断の何かを覆った扉だということを観客に、あくまでも感覚的に訴えかけてくるのです。作品は、終演に向かって全容が明らかになってくタイプの物語で、まさにチャヌク監督向き。冒頭から中盤までは物語の断片しか見せてくれず、観客はパズルのピースをひとつひとつ拾っていくかのように作品を観ていきます。意味の分からぬまま、提示されるさまざまなエピソードに、初めはとまどうかもしれませんが、それでも、映し出される映像があまりに魅力的なので、決して飽きることがありませんでした。

今回、ほとんど前情報を入れずに試写に臨みましたが、終演後、本当にそれで良かったとつくづく感じましたから、これ以上は物語に触れないことにいたしましょう。でも、「これじゃ何がなんだか分からないじゃないか!」という方のために、もう少しお話しするならば…。

本作を観た後、私はしばらくこの作品の世界観から抜け出せませんでした。でも、もしもう一度観たいかと言われれば、「いいえ」と言うかもしれません。それは、同監督の『オールド・ボーイ』の際にも感じたこと。この作品も同様に、恐怖と美、嫌悪と陶酔が同居する世界を描き、その世界にたった一度触れただけで、十二分に私は圧倒されてしまったのです。誤解を恐れずに言うならば、決して快い作品ではないと言えるでしょう。でも、感動にも似た衝撃を覚える本作は、映画が好きな方にはぜひおすすめしたい1作。自分が知りえない、自分が理解しえない世界を覗かせてくれるというのが、映画が持つ昔ながらの特性のひとつならば、本作はそのお手本とも言うべき作品です。ここに登場する人々に、共感はできないかもしれませんが、こういう風に生きていく人がいるということを知る戦慄と驚愕を受け入れることも、人間のさだめなのかもしれませんから。

(text:June Makiguchi)
Copyright (C) IID, Inc. All rights reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

cinemacafe.net
注目ニュース
「一体なにがしたかったの」「舐めてますね」YouTuberデビューした芸能人の“その後” サイゾーウーマン5月27日(日)15時0分
モデルでタレントの梅宮アンナが、4月10日にYouTuber(ユーチューバー)デビューを飾った。第1回投稿で梅宮は、ユーチューバーになった…[ 記事全文 ]
吉本芸人が明かした「ギャラ50円」告白に入った“厳しいツッコミ” アサ芸プラス5月28日(月)9時58分
お笑い芸人のキートン(増谷キートンから改名)が5月19日、自身のツイッター上で給料明細を公開し、ファンならびに世間を驚かせている。東京NS…[ 記事全文 ]
松岡修造の娘恵さん、人気ありすぎで1人募金活動 日刊スポーツ5月27日(日)14時0分
宝塚音楽学校105期、106期生80人が27日、兵庫・宝塚大劇場ゲート前で、小児がんケアへの支援を呼びかける「すみれ募金」を行い、例年以上…[ 記事全文 ]
品川祐が今でも嫌われ続ける理由「後輩への酷い仕打ち」が明らかに アサジョ5月27日(日)18時15分
やはり嫌われっぷりは本物だ?5月19日に放送された「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)で、インパルス・板倉俊之が、この日共演した品…[ 記事全文 ]
鈴木Q太郎が看護師と再婚「卑弥呼様似の女性」 日刊スポーツ5月28日(月)7時48分
お笑いコンビ、ハイキングウォーキング鈴木Q太郎(43)が、沖縄県出身の看護師と4月30日に再婚していたことが28日、分かった。関係者による…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 「一体なにがしたかったの」「舐めてますね」YouTuberデビューした芸能人の“その後” サイゾーウーマン5月27日(日)15時0分
2 松岡修造の娘恵さん、人気ありすぎで1人募金活動日刊スポーツ5月27日(日)14時0分
3 品川祐が今でも嫌われ続ける理由「後輩への酷い仕打ち」が明らかにアサジョ5月27日(日)18時15分
4 日大会見「乱入」お婆ちゃん、何者なの? 気になる素性、そしてアメフトとの因縁J-CASTニュース5月27日(日)16時39分
5 鈴木Q太郎が看護師と再婚「卑弥呼様似の女性」日刊スポーツ5月28日(月)7時48分
6 山本彩「怖くてあんまり出来ひん」デコ出しに絶賛ナリナリドットコム5月27日(日)22時54分
7 吉本芸人が明かした「ギャラ50円」告白に入った“厳しいツッコミ”アサ芸プラス5月28日(月)9時58分
8 「秀樹さん ありがとう」 アニメ『ちびまる子ちゃん』が追悼オリコン5月27日(日)18時31分
9 「意外にいい奴じゃないか」「真面目なんだな」 週刊誌に暴露記事載ってもなぜか嫌われない安住紳一郎J-CASTニュース8月7日(水)19時18分
10 芸能界「玉の輿美女12人」悲運の行く末(1)石原さとみの交際相手の裏事情アサ芸プラス5月28日(月)5時57分

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア