【アニメキャラの魅力】カッコ可愛いイケメンプリキュア!「明堂院いつき」の魅力とは?『ハートキャッチプリキュア!』

5月11日(月)10時49分 キャラペディア

(C)ABC・東映アニメーション

写真を拡大

 歴代プリキュアは、映画『プリキュアオールスターズDX』などで色毎にチーム分けされたりもしていますが、黄色のプリキュア、通称“黄キュア”は“あざとい枠”です。ピンクのプリキュアよりもドジっ子だったり年下だったり、様々なかわいい要素を詰め合わせた子で埋め尽くされているのが“黄キュア”です。

 しかし、今回紹介する「明堂院いつき」は、これまでの黄色い子とは少し違います。今回は、そんなプリキュアシリーズ7作目である『ハートキャッチプリキュア!』から、キュアサンシャインこと「明堂院いつき」ちゃんを紹介していこうと思います。


【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】


■文武両道のイケメン

 いつきは明堂学園中等部のイケメン生徒会長です。男女共に人気があり、特に女子生徒から憧れの目で見られています。主人公の「花咲つぼみ」の初恋の相手でもあります(笑)。一人称もボク(家ではわたし)で、制服も学ラン。

 実は彼女は、門下生を多く抱える明堂院流古武道の道場の娘で、本当は長男が跡取りとなるしきたりがあるのですが、兄のさつきは体が弱く、そんな兄を守るために自らが跡取りとなるべく、男子のようにふるまっているのです。本当にイケメンなのです。

■かわいいものが大好き

 イケメンな彼女は、実はかわいいものが大好きなのです。ファンである女子生徒にプレゼントされたうさぎのぬいぐるみに「うさぴょん」と名前をつけて隠れて可愛がったり、妖精のポプリをベタベタに可愛がったりと、プリキュアとして変身する前からその“黄キュアのあざとさ”を時折見せてくれます。しかし、生徒会長のプライドゆえか、取り乱した事を隠そうとします(笑)。

 つぼみやえりかがプリキュアとして戦った時も「かわいい」と絶賛。自分の変身後の女の子要素満載の衣装(ツインテールにスカート)にも嬉しそうにしていました。かわいいものをかわいいと言っているいつきが一番かわいいです。

■武道もおしゃれも大好き

 いつきは、小さい頃から道場の跡取りとして男のようにふるまわなければいけないと、大好きなぬいぐるみやかわいい服を我慢していました。つぼみやえりかに以前から誘われていたファッション部に提案され、服のデザインを考えながら頬が緩むいつき。しかし、稽古に呼ばれるとキリッとして道場に向かいます。

 そんないつきは、ある日道場破りに負けてしまいまい、祖父や兄から“自分に素直になる生き方”を勧められます。ずっと武道一筋で生きてきた彼女は、自分から武道をとったら何が残るのか?と葛藤・・・。しかし、敵に襲われたプリキュアのピンチを助けるため、敵に立ち向かい、そこで「武道は辛い事ばかりだけど自分にとって楽しい事だ」と自覚します。そして、ずっと憧れていたファッション部への入部を決め、家族に思いを伝えるのです。「僕は・・・武道も可愛い服も大好きです!」と。

■心を照らす太陽

 先ほども紹介した病弱な兄「さつき」は、「手術が不安」という気持ちを利用され、プリキュアの敵「デザトリアン」と化してしまいます。そんな兄の不安を照らすため、そしてみんなの笑顔を守るために、太陽のプリキュア「キュアサンシャイン」に変身します。

 普段から稽古をしているせいかとにかく強く、アイテムのシャイニータンバリンは攻撃防御共に優れており、追加戦士として文句なしなのです。また、プリキュア・ゴールドフォルテバーストを発動する時、お尻でタンバリンを叩く動作があるのですが、そこがまた“あざとかわいい”のです。やはりキュアサンシャインはみんなの太陽。私も是非デザトリアンになって照らされてみたいものです。

 陽の光浴びる一輪の花、キュアサンシャインこと「明堂院いつき」。本当に可愛いです。イケメンなのに可愛いです。作品自体は過去のものですが、これからもたくさん可愛い服を着て太陽のような笑顔を見せてほしいですね。


【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】


★記者:大吾郎(キャラペディア公式ライター)

(C)ABC・東映アニメーション

キャラペディア

「プリキュア」のニュース

BIGLOBE
トップへ