「KAWAII」を海外に本格発信 「きゃりー」事務所が新プロジェクト

5月11日(日)11時13分 J-CASTニュース

イベントで代表曲「ファッションモンスター」を披露するきゃりーぱみゅぱみゅさん

写真を拡大

   歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさん(21)らが所属するアソビシステムは2014年5月10日、日本のポップカルチャーを国内外に発信する「もしもしにっぽん」プロジェクトを立ち上げたと発表した。



   同社は、原宿発の「KAWAII」カルチャーを発信するイベントを11〜13年の2年間で日本国内や米国、フランスなどで15回にわたって行っており、新プロジェクトでこれを加速させる。


きゃりーがMC務める番組がNHK国際放送に流れる



   すでに14年4月にはプロジェクトと同名のテレビ番組もスタート。きゃりーさんらがMCを務め、海外向けにはNHKの国際放送「NHKワールド」、国内向けにはBSフジでそれぞれ月に2回放送される。


   14年中に原宿、沖縄、香港、サンフランシスコに観光案内所を開設。単なる観光案内にとどまらず、カラオケ、プリクラ、ゴスロリ体験など日本独特の文化に触れられるように工夫する。


   15年度にはワールドツアーも計画している。公演はロンドン、パリ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、東京、台北、タイ、シンガポールの8か所で開催され、それぞれの会場で1万人以上の来場を見込む。


   プロジェクトは、千葉・幕張メッセで開かれた音楽イベント「KAWAii!! NiPPON EXPO 2014」で発表された。イベントには、きゃりーさん以外にも剛力彩芽さん(21)、板野友美さん(22)、中川翔子さん(29)、橋本環奈さん(15)らが出演。事前に抽選で選ばれた約1万8000人がつめかけた。

J-CASTニュース

「海外」をもっと詳しく

「海外」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ