リリィ、さよなら。が中国の音楽チャートで2週連続1位獲得

5月11日(土)12時21分 ジェイタメ





今10代〜20代の女性層から高い支持を得ているアーティスト「リリィ、さよなら。」。彼が作詞作曲を手掛けた新曲『Clover 〜naked version〜』が、中国の大手音楽アプリ「QQ音楽」の邦楽チャートで2週連続1位を記録した。

4月24日にリリースされたこの楽曲は、「QQ音楽」の邦楽チャートで配信翌日の4月25日に4位にランクインし、翌週5月2日には1位にランクアップ、さらに翌週更新分の5月9日も1位をキープし、2週連続トップランクインを達成した。(※)邦楽チャートのランキングは毎週木曜日更新









中国での人気について、「リリィ、さよなら。」の担当者は以下のように理由を語っている。「最初のきっかけは明白ではありませんが、昨年7月のアルバム発売後に日本国内で開催された『リリィ、さよなら。』のライブから、中国からファンが少しずつ増え始めました。その後、アーティスト名と同名のファーストアルバム『リリィ、さよなら。』の中の楽曲『ハルノユキ』をはじめとして、『リリィ、さよなら。』の曲がネットを中心に話題になっていることを知り、今年1月19日に上海でワンマンライブを敢行しました。当日は500人キャパのライブが満員になり大盛況で中国での人気ぶりに驚かされました」

【「リリィ、さよなら。」プロフィール】
作詞作曲家でもあるVo.ヒロキのソロプロジェクトとして2013年より活動を開始。2013年11月 「約束」を配信。2014年7月〜10月に放送されたテレビ朝日「musicるTV」内コーナーの音楽作家塾に出演。その時に提供した「EBiDAY EBiNAI」が超特急のシングルとして発売され、作家としてデビュー。2015年2月 1stミニアルバム「リリィ、さよなら。」をリリースし、CDデビュー。同年10月には2ndミニアルバム「ハッピーエンドで会いましょう」をリリース。このアルバムのリードトラック「フラッシュバック」が“2015年度首都圏ラジオ7局スーパープッシュ!”に選ばれ、大量オンエアーされる。現在も口コミで広まり、DL数を伸ばしている。このアルバムを引っ提げ大阪、地元・熊本、東京を周るツアーを行い、全公演SOLD OUT。翌年の3月には、名古屋、大阪、東京を周るアンコールツアーを実施し、こちらもSOLD OUTとなり話題を呼んだ。フジTV[Love music]の注目の若手アーティスト紹介[Come music]で紹介されたり、女子高生達に人気の[シンデレラweb]で、今年ブレイクするアーティスト達の中の一人に選ばれるなど、今後の活躍が期待されている。



ジェイタメ

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ