西内まりや、ノーブラ&スカートはき忘れエピソードに視聴者興奮! 「見えそうで見えない」キワどいパンチラショットも...

5月11日(月)17時0分 メンズサイゾー

 モデルで歌手の西内まりや(21)が、10日放送のトーク番組『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演。ミニスカートのワンピース衣装でスタジオに登場すると、ネット上から"パンチラ"への期待の声がいっせいに寄せられた。


 放送開始直後に立てられた匿名掲示板の実況スレッドには、「スカート短すぎ!」「今日はパンチラ祭りだな」などのコメントが殺到。ソファに座ってのトークが始まると、男性ファンの視線は西内の三角ゾーンに注がれ、番組のキャプチャー画像がいくつも貼られることに。冒頭では、西内が19歳のときに「10代女子が選ぶ"なりたい顔"ランキング」(オリコンスタイル調べ)の1位に輝いたことについての話題が展開され、「そんなことないです」「絶対間違っていると思います」と強く否定して謙虚な一面を見せていたが、ネット上からは「見えそうで見えない...」「確実に見えるタイミングなんだが...」などとトークそっちのけの声が上がることとなった。


「1月に出演したバラエティ『しゃべくり007』(日本テレビ系)でも西内さんはノースリーブのミニスカという露出度の高い衣装で登場していました。その番組中に彼女は特技のバドミントンのスマッシュなどを披露し、あわやパンチラというシーンを連発してネット上でも大きな話題となりました。そうした過去があるため、今回の放送でもユーザーたちはパンチラに期待を寄せたのかもしれませんね」(ネットライター)


 この日の『おしゃれイズム』でも、日本一を目指してバドミントンに打ち込んでいたという過去が紹介されていたが、残念ながら実践することはなく、『しゃべくり007』で見せたようなキワどいシーンの再現とはいかなかった。それでも番組の中盤で西内は、ドラマの撮影現場でスカートが脱げていたことがあるというエピソードを告白。「チャックが外れていたのか...」と話し始めた彼女が、スカートをはくのを忘れたままトイレから出てしまったことがあると明かした。


 無数のカメラがある現場に自分では何も気づかぬまま下着姿で現れてしまったという西内。周囲の関係者に指摘されてようやく気付いたときには絶句して、「とりあえずその場に座り込んだ...」と当時の状況を恥ずかしそうに振り返っていた。続けて西内は現場にブラジャーをつけ忘れて行ったことがあるとも告白。ブラジャーをしないで外出することはよくあるといった口ぶりで話す彼女には、「妙にエロいな」「今日もノーパンだったりして」とタメ息と興奮が入り混じった声が聞かれることに。結局、大きな期待が寄せられたパンチラが見えることはなかったが、多くのファンを魅了することには成功したようだ。


「同性からの支持も高い西内さんですが、やはりその美貌と抜群のスタイルは男性ファンを虜にするもの。ネット上に投稿された画像の多さがそれを物語っています。中にはわざわざ三角ゾーンの光度を上げたり、画質調整をしたりするものまであって、男性ファンの底知れぬ執着心を感じるほど(笑)。


 ただ、1枚でもパンチラシーンが世の中に流出することになれば半永久的にネット上には残ってしまいます。そのため最近のこうしたトークバラエティでは事務所サイドもかなり厳しくチェックすることがあります。今回の放送でも不自然なほどにスカートの中が真っ黒になっているシーンもありましたので、編集の段階で塗りつぶしていたかもしれませんね」(テレビ関係者)


 キュートでセクシーなルックスに加えて天然エピソードで視聴者を魅了する西内。彼女のパンチラを見ることは難しいかもしれないが、だからこそ男性ファンは三角ゾーンに強いこだわりを示すのだろう。今後もキワどいショットを見せる西内は大きな話題となりそうだ。
(文=愉快)

メンズサイゾー

「チラシ」のニュース

BIGLOBE
トップへ