これぞ奇跡のスタイル! 低身長Gカップ乳&ボーイッシュなアイドル・RaMu、ネット世代の超新星は個性の塊

5月11日(水)10時0分 メンズサイゾー

 アイドルユニット「KissBee Zero(キスビーゼロ)」のリーダー・RaMu(ラム/18)が、「奇跡のスタイルの持ち主だ」と話題になっている。


 先月、ファーストイメージDVD『初めてのRaMuずっきゅん』(イーネット・フロンティア)をリリースしたRaMu。サイパンで撮影された作品は、チャームポイントだという「タテ型のおへそ」を披露したビキニショットのほか、芸名にちなみ大ヒットコミック『うる星やつら』の人気キャラ・ラムちゃんをイメージしたコスプレや特攻服風の衣装などが満喫できる内容だ。


 見どころは何といってもボリューム満点のバスト。スリーサイズは上からB90・W58・H80(cm)で、極小ビキニを身につけた彼女がGカップ爆乳を揺らすシーンは、ファンならずとも魅入ってしまうことだろう。すでにネット上でも評判で、たわわな胸を惜しげもなくさらしている姿には、「なんて素晴らしいボディなんだ!」「エロすぎる」「こんな子が実在するなんて」などと絶賛コメントが相次いでいる。RaMuは身長148センチで、「低身長×爆乳」という組み合わせに興奮を覚える人も多い。


 そんなRaMuといえば、ボーイッシュな雰囲気でも人気。小学生のころには男子にまじって野球チームに所属し、ポジションはキャッチャーでキャプテンも務めていたという。男勝りな性格だったことは本人も認めており、今回のDVDでぶりっ子仕草に挑戦した際には、「すっごい恥ずかしかった」とのこと。ただ、多くのファンは新たな一面を歓迎しているため、今後は可愛らしい笑顔でも注目を集めそうだ。


 女子高生だった2014年ころに、6秒動画共有サービス「Vine」に投稿した映像で脚光を浴びたRaMu。口の中でクラッカーを鳴らしたり唇にピアスを開ける瞬間など、カラダを張った彼女の動画は瞬く間にネットに広まり、同世代から絶大な支持を獲得した。


 その後、「とにかく有名になりたい」との思いから、オーディションを勝ち抜いてアイドルグループ「KissBee」の研究生ユニット「KissBee Zero」に所属した。まだデビューして間もないが、すでにTwitterのフォロワー数は15万人を超え、ネット世代の超新星と言われている。


「最近の芸能界にはネット発といえるタレントが増え始めている。有名どころでは、ファンが撮影したイベント出演時の写真が"奇跡の1枚"としてSNSなどで拡散され、あっという間に全国区のアイドルに成長した橋本環奈さん(17)や、フリーペーパー『岡山美少女図鑑』で見せた美貌が評判になり、"岡山の奇跡"と呼ばれた桜井日奈子さん(19)などがいます。VineがきっかけとなったRaMuさんも、彼女たちと同じケースと言えそうです。


 ただ、ネットユーザーに"発見"された橋本さんらとは異なり、RaMuさんは自ら投稿している画像や動画で話題になった。その内容にはかなりぶっ飛んだものもあり、同世代からはオモシロ動画の"教祖"とも呼ばれています。そういったキャラクターを考えれば、橋本さんらとはまるで違うタイプになると思います。


 また、RaMuさんは豊満なバストをアピールしたタンクトップ姿などをTwitterにアップしていますが、そのシチューエーションがトイレの中だったりと、アイドルとは思えないショットでファンを楽しませている。個性的なヘアスタイルでも注目されていますが、すべてオリジナルとのことで、自ら前髪を切っている動画などもあります」(ネットライター)


 目標のタレントは、今のバラエティ界で活躍する鈴木奈々(27)や菊地亜美(25)だというRaMu。抜群のルックスを誇る彼女にはアイドルとしての活動にも期待したいが、破天荒なキャラだけに鈴木や菊地と激しく絡む姿も楽しみにしたい。
(文=愉快)

メンズサイゾー

「奇跡」のニュース

BIGLOBE
トップへ