高橋大輔、泥酔して「おねしょしちゃった…」 衝撃告白に共演者驚き

5月11日(土)12時44分 マイナビニュース

フィギュアスケート選手の高橋大輔が、11日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『メレンゲの気持ち』(毎週土曜12:00〜)に出演し、衝撃の泥酔エピソードを語った。

高橋は現役復帰して「泥酔しなくなった」と言い、引退から復帰までの期間は「お酒を浴びるように飲んでいた」と告白。「3年間で飲まなかったのは体調崩して飲まなかった日だけ。3日間だけ」と打ち明け、アルコール度数9%の缶チューハイを毎日6〜7本飲んでいたと説明した。

そして、「すごい恥ずかしいことなんですけど、おねしょしちゃったんですよ」と衝撃の泥酔エピソードを告白。「ベッドでして、冷たっ! と思って、でも眠いんですよ。だからもう1個部屋があるんですけどそこに行って寝て、起きたらまたおねしょしていた」と2度もおねしょしたそうで、久本雅美らから驚きの声が上がった。

元フィギュアスケート選手の村上佳菜子も「うっとうしいくらい絡んでくるんです」などと酒癖の悪さを暴露。高橋は「なんか強気になるんでしょうね。みんな俺のこと好きだって勘違いする」と話した。

マイナビニュース

「泥酔」をもっと詳しく

「泥酔」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ