Matt Cab、ユニバーサル ミュージックへ移籍&英語カバーアルバム『ONGAKU2』発売決定

5月11日(水)8時0分 OKMusic

Matt Cab (OKMusic)

写真を拡大

YouTubeの総再生回数2,000万回を誇る、サンフランシスコ生まれ、透き通るような歌声が人気の日本在住R&Bシンガー=マット・キャブがユニバーサル ミュージックに移籍し、ニューアルバム『ONGAKU2』を2016年7月27日(水)にリリースすることが決定した。同アルバムは、J-POPの名曲を英語でカバーした人気企画『ONGAKU』の待望の第2弾となる。


「自分のキャリアにおいて新しいチャプターをユニバーサルミュージックと一緒に始められることにエキサイトしています。いろいろな音楽に触発されてたくさんの新たな音楽制作に取り組んでいます。はやくファンのみんなに聴いてもらうのが楽しみです」とマット・キャブはコメントしている。

マット・キャブは、インディーズ時代のアルバムも含め3作全てがiTunes R&Bアルバム・チャートで1位を獲得。これまでにフィーチャリングで共演したアーティストはm-floシェネル、MACO、安田レイ、セレイナ・アン等多数。また、ソングライター/プロデューサーとしても積極的に活動しており、w-inds.やCrystal Kay×安室奈美恵コラボ曲「REVOLUTION」、和田アキ子『WADASOUL』、防弾少年団『Good Day』等、数多くのアーティストに作品を提供している。

移籍後初となるニューアルバム『ONGAKU2』は、福山雅治の「家族になろうよ」やBIGBANGの初オフィシャルカバー「BAD BOY」などが収録され大きな話題を呼んだ2013年リリースのカバーアルバム『ONGAKU』の続編。

『ONGAKU2』に収録が決定している楽曲は、auのCMでもおなじみ浦島太郎(桐谷健太)の大ヒット曲「海の声」の他、絢香「にじいろ」、chay「あなたに恋をしてみました」、Crystal Kay「何度でも」、秦基博「ひまわりの約束」など、最新のJ-POPヒットの英語カバーがラインナップされている。

アルバム 『ONGAKU2』

2016年7月27日発売
UICV-1067/¥2,200+税
全12曲収録予定

OKMusic

「Matt」をもっと詳しく

「Matt」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ