冨永愛 塩谷瞬以前に山本太郎と交際も原発問題が影響し破局

5月11日(金)7時0分 NEWSポストセブン

 塩谷瞬(29才)の二股騒動の当事者として、わずか1週間のうちに交際宣言と破局報告を、自身が生出演する番組で行うことになった冨永愛(29才)。そんな彼女には、塩谷との交際直前、ある男性との真剣愛があった。


 冨永が塩谷に出会ったのは、昨年12月25日、長渕剛(55才)の自宅で行われた餅つき大会でのことだった。実はこのとき、冨永は大きな悩みを抱えていたという。冨永の知人は語る。


「愛ちゃんが塩谷くんと初めて会ったとき、実は山本太郎さん(37才)とつきあっていたんです。山本さんと塩谷くんは東日本大震災でボランティア活動をしていたことから、もともと知り合いで、餅つき大会に来ていた山本さんが塩谷くんに愛ちゃんを紹介したんですよ。


 でも、実は愛ちゃんと山本さんは上手くいってなくて…。山本さんが原発問題から大阪に引っ越すことになって、それに愛ちゃんを巻き込めないと、別れ話が出ていたそうなんです」


 2004年10月にパリ在住の年上パティシエと「できちゃった婚」を発表した冨永だったが、2009年4月に離婚。小学生のひとり息子のためにも冨永は再婚を考えていたという。


「愛ちゃんは大きくなっていく息子さんのためには、男親がいたほうがいいと考えるようになったんです。山本さんとの関係がダメになっていく一方で、塩谷くんも気になっていったんじゃないですか。それで、山本さんと別れ、出会って間もないけど、自分だけでなく、子供のことも愛してくれる塩谷くんと、急速に親密になっていったんです」(前出・冨永の知人)


 そうして塩谷と冨永は3月中旬に交際をスタートさせた。


※女性セブン2012年5月24日号

NEWSポストセブン

原発をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ