テレビ引退報じられた江角マキコ ようやく一息つく時間を堪能

5月11日(水)16時0分 NEWSポストセブン

家族と一緒にうなぎ店を訪れた江角マキコ

写真を拡大

 春土用(今年は4月25日)を少し過ぎた5月7日の夕刻、都心の有名うなぎ店に江角マキコ(49才)の姿があった。


「旦那さんとお子さん2人と一緒でした。江角さんはデニムにワイシャツというラフな格好でした。久しぶりに姿を見た気がしますが、オーラはありましたよ(笑い)。ここはオーダー後にいけすから取り出して調理するので、50分以上待っていただくのですが、江角さん一家はお子さんも静かに座って待っていて、とてもお行儀がよかったです」(居合わせた客)


 江角と夫は蒲焼きと白焼き、子供2人は鰻重を注文。お酒は飲まず、パッと食べてサッと退店したそうだ。


「6時以降はとても混雑するんです。江角さんは“子連れだし、他のお客様も待っているから”と気を利かせていたようでした」(前出・居合わせた客)


 4月末、『FRIDAY』で江角のテレビ引退が報じられた。2011年からメインMCを務めてきた『私の何がイケないの?』(TBS系)を3月に卒業して以降、彼女のレギュラー番組はゼロ。テレビ局からオファーは今もあるが、しばらく番組出演を休止することにしたのだという。


 背景にあるのは2014年7月から始まった“ママ友いじめ事件”である。江角が長女(11才)の通う私立小学校でママ友たちからいじめに遭っていることをブログで告白。翌8月にはいじめの主犯格が長嶋一茂(50才)の妻であること、江角のマネジャーが長嶋宅に落書きしたことが報じられ、大騒動に発展した。


「以降、彼女はテレビに出るたびにネットを中心に叩かれるようになって…。長女も転校せざるをえなくなりました。今はもう、そういう報道を見たら理解できる年齢ですから、江角さんもメディア露出には慎重になっていました」(江角を知る芸能関係者)


 冒頭のうなぎ店のように、最近の江角は、家族との時間を最優先にしている。


「彼女は早起きで、5時には起床しています。朝食を用意して、子供たちを送った後は掃除、洗濯、買い物。専業主婦の生活ですね。休日は子供を連れてアイスクリーム店に行ったり、旦那さんと出かけたり」(前出・芸能関係者)


 女性セブンは先日、都心のある幼児教室で江角が長女の誕生日会を開いたことをキャッチ。会場には長女の友人だけでなくママ友も大勢集まったことを報じた(4月28日号)。


 デビューから20年。芸能界の一線を走り続けた江角は今、ようやく一息つく時間を手に入れた。


※女性セブン2016年5月26日号

NEWSポストセブン

「江角マキコ」をもっと詳しく

「江角マキコ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ