宮沢りえ、GWに夫・森田剛の実家へ結婚の挨拶

5月11日(金)16時0分 NEWSポストセブン

嫁姑関係はもうバッチリ!?

写真を拡大

 4月末、埼玉県の田園風景が広がるのどかな田舎町に立つ大型ホームセンターに、突如現れた美男美女の芸能人夫婦。すれ違う地元客は一様に目を見開いて振り返る。


宮沢りえさん(45才)と森田剛さん(39才)が娘さんを連れて買い物に来ていたんです。GW真っ只中ということもあって店は混雑していたのですが、特に気にするそぶりもなくて驚きました。3人はペンキコーナーで熱心に子供向けの塗料を選んでいましたよ。3人でDIYでもするのかなと思って微笑ましかったですね」(目撃した人)


 りえと森田が3月16日に結婚を発表してから約2か月が経った。新緑の季節になっても変わらず夫婦デートの様子がたびたび目撃されているが、この日のお出かけは少し意味合いが違った。りえが初めて夫の実家に結婚の挨拶をしに来ていたのだ。


「これまでりえさんは、舞台の楽屋で森田さんのお母さんと会ったことはあるそうですが、きちんとした結婚の挨拶はできずじまいでした。りえさんはずっと気にしていたそうで…」(芸能関係者)


 2月に舞台出演を終えて以来、映画賞の授賞式やCMの発表会などには参加していたが、ここ最近のりえは仕事を控えていた。娘と森田中心の生活を送っていたが、実家への挨拶は遅れていた。


「森田さんが、りえさんをどう両親に紹介すればいいか考えあぐねていたそうなんです。りえさんとお嬢さんにわざわざ来てもらうのも悪いし、親を呼び出すのも…と。でもりえさんが、“剛くんがどういう町で育ったのか見たいし、娘にも見せたい”と、森田さんを促したそうです。森田さんは初婚だけどりえさんはバツイチで年上ということもあり、自分から挨拶に行かなければという気持ちがあったんだと思います」(りえの知人)


 娘の休みに合わせ、GWに3人は森田の実家へ向かった。


「“妻として、剛くんを支える”とご挨拶したそうですよ。最近仕事をセーブしているのも、周囲には“今は剛くんと娘のそばにいる時間がほしいから”と言っているようです。でもそこには、言葉にせずとも“剛くんの赤ちゃんがほしい”という思いも込められているようです。初婚の彼や、彼のお母さんのためにも、できることなら孫の顔を見せたいと。年齢的なこともあるので、大事をとって “今は仕事を詰め込むよりも、未来のために自分の体を大切にしたい”という気持ちがあるのではないでしょうか」(前出・知人)


 GW明けの5月上旬、森田の実家を訪れると、森田の母がこう振り返った。


「ご挨拶はきちんといただいてます。本当にいいかたでしたし、素敵なかた。結婚を私はうれしく思ってますよ。子供の話は、ふたりの問題ですからね」


 多くは語らなかったが、その声は明るかった。


※女性セブン2018年5月24日号

NEWSポストセブン

「宮沢りえ」をもっと詳しく

「宮沢りえ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ