錦織圭がマドリード・オープン決勝で途中棄権

5月12日(月)15時46分 J-CASTニュース

   テニスのマドリード・オープン決勝が2014年5月11日にスペインのマドリードで行われ、男子シングルス決勝に進んだ錦織圭選手がラファエル・ナダル選手(スペイン)と対戦。途中で腰を痛め棄権し敗退した。



   決勝の第1セットは6—2で錦織選手が、第2セットは4—6でナダル選手が取りタイとなったが第3セットは0—3となったところで錦織選手が棄権を申し出た。第2セット途中から腰を痛めていた。優勝したナダル選手はランキング世界1位で2年連続4回目の優勝。


   錦織選手は今大会の活躍で現在のランキング12位から9位に浮上することが確定している。

J-CASTニュース

マドリード・オープンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ