全長55.5センチ 「Honda S800M」ダイキャストモデル組み立てよう

5月12日(日)17時0分 J-CASTニュース

日本の自動車史を彩った「エスハチ」が自分の手で組み立てられる

写真を拡大

分冊百科を手がけるアシェット・コレクションズ・ジャパン(東京都新宿区)は、パートワークマガジン「週刊 Honda S800M−エスハチ−をつくる」を2019年5月29日に創刊、全国の書店で発売する。

電動や発光、音のギミックなど搭載



毎号付属するパーツを組み立てると、電動や発光、音のギミックなどを搭載した1/6スケール・全長55.5センチの、1968年から3年間生産されたスポーツカー「Honda S800M」ダイキャストモデルが完成する。



製作にあたり「コレクションホール」保存車両を3Dスキャンで実測し、特徴的なボンネットのパワーバルジなどのフォルムや可動部のディテール、色合いやシートの質感なども厳密に再現したという。布製のソフトトップの開閉機構を備え、オープンと幌付き、どちらでもディスプレー可能だ。



またエンジンパーツは形状や構造を実車の設計を可能な限り再現。シリンダーやキャブレターから組み上げていく工程を楽しめる。



マガジンでは、「人物」「レース」「時代」「世界」4つのテーマから「Sシリーズ」の魅力を探る巻頭特集のほか、ホンダの名車たちを毎号1車種ずつ紹介していく「Honda名車ピクトリアル」などのコンテンツを掲載予定。



定期購読を申し込むと、オリジナルDVD「THE LEGENDARY S」、特製ディスプレーボードと製作者(ユーザー)の名前入り銘板がプレゼントされる。また4号以降、毎号250円(税込)を追加すれば、オリジナルディスプレーケースが最終号(110号の予定)と同時に届けられる。



価格は、創刊号が277円(税別)、2号以降が1666円(同)。

J-CASTニュース

「Honda」をもっと詳しく

「Honda」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ