チャン・グンソク監督作品『偉大な遺産』第20回富川国際ファンタスティック映画祭で上映!

5月12日(木)13時17分 KEJNEWS

【12日=KEJNEWS張東燁】俳優チャン・グンソクが演出した映画『偉大な遺産』が「第20回富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭」のファンタスティック短編傑作選で上映される。

現在、漢陽(ハニャン)大学大学院に在学中のチャン・グンソクが昨年、友人らと制作したこの作品は、通帳だけを残して意識を失った父と通帳に執着する息子の物語。

なかでもこの作品が上映されるファンタスティック傑作選部門は、新鮮で想像力をかきたてられる作品が多いと観客から愛されている。チャン・グンソクは、「僕らは父親の愛を感じられず生きている。しかし愛情を表現できないだけだ。だから僕らにとって父親はすごく遠い存在のように感じる。だから僕らは一度も父親の名前を呼べずに生きているのかもしれない」と演出の意図を伝えた。

チャン・グンソクは12年にも映画『それでもこんな人生良いと思う?』で日本映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」で特別賞を受賞した経歴を持つ。これは彼が脚本、監督、編集、主演を務めた作品。

なおチャン・グンソクの短編作品『偉大な遺産』が上映される「第20回富川国際ファンタスティック映画祭」は7月21日から31日まで開催される。(写真=TreeJカンパニー)

KEJNEWS

「チャン・グンソク」をもっと詳しく

「チャン・グンソク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ