韓国に続きGLAYタイ公演中止、理由は「エージェントの都合」と説明。

5月12日(日)7時44分 ナリナリドットコム

ロックバンド・GLAYは5月12日、開催を予定していた6月15日のタイ・バンコク公演を中止すると発表した。理由は「公演を取りまとめているエージェントの都合」としている。

今回のバンコク公演は、5月25日の香港・アジアワールドエキスポアリーナからスタートするツアー「GLAY ASIA TOUR 2013 JUSTICE & GUILTY」の一環として行われる予定だったもの。

当初、25日の香港に続き、6月1日に韓国・ソウルのオリンピックスタジアム、6月15日にタイ・バンコクのインパクトアリーナ、7月6日に台湾・台北の南港展覧館と、いずれも大きな会場で公演を行う予定だったが、すでにソウルでの公演は「諸般の事情を踏まえ協議・調整を重ねた結果」(公式サイトより)との理由で中止が決まっている。

公演の中止について、TERUは公式ブログにエントリー「バンコク公演中止のご報告。」を更新。「ずいぶんと前から、香港&台湾公演のチケットの販売が開始されてるのにも関わらず、バンコクのチケットが発売される事もなく、心配してたファンの方も多かったと思います。GLAY史上初のバンコクライブと言う事もあり、スタッフも、ライブ実現に向け、本当に良く頑張ってくれましたが、残念な結果になってしまいました」と状況を説明。

そして「昨年のライブビューイングの際にも、たくさんのGLAY FANが集まってくれて、凄く盛り上がっていたので、今回の結果は、僕らGLAYメンバーにとっても、残念でなりません」と無念さを滲ませた。

しかし、「でも、必ず、約束は守ります!」とも。「近いうちに、バンコクのFANの方々に喜んで頂ける御報告ができるように頑張りますので、その日まで、是非、待ってて下さい!今でも、GLAYを支え続けてくれるタイのファンの皆様に心から感謝の意を申し上げます!」と謝意をつづっている。

ナリナリドットコム

GLAYをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ