東南海・南海大地震予測 高知では街が沈下する可能性も

5月12日(木)16時0分 NEWSポストセブン

 東海地震とともに、その発生が予測されている東南海・南海大地震。東京大学地震研究所教授・古村孝志さんは、こう説明する。


「紀伊半島沖を主な震源とする東南海地震、土佐沖を主な震源とする南海地震は過去に東海地震と連動して発生しています。東南海地震は67年前から、南海地震は65年前から発生しておらず、相当な歪みが蓄積しているので充分注意すべきです」


 東南海・南海地震が東海地震と連動して起こるとM8.7になると予測されている。東海から四国にかけての津波被害が大きく、広域に及ぶため、死者・避難者は東海地震が単独で起こった場合の倍以上とされる。


 東日本大震災では仙台平野が120cm地盤沈下したが、同様のことが高知でも起きるという。


「1946年の昭和南海地震では70cm、宝永地震では2mもの沈下が確認されました。地震により地盤が海面下に沈み、さらに追い打ちをかけるように津波が襲い、川から道路や下水に海水が流れ込みます」(古村さん)


 街の一部が水没してしまう可能性があるとのことだ。


【東南海・南海大地震シミュレーションデータ】

想定発生時刻:午前5時

マグニチュード:最大M8.7

震度:最大7

死者:最大1万7800人

避難者:地震発生1週間後までに約500万人

建物全壊:約35万6100棟

ライフライン:断水人口約1600万人、停電人口約1000万人、ガスの供給停止人口約300万人


※女性セブン2011年5月26日号

NEWSポストセブン

「地震」のニュース

BIGLOBE
トップへ