佳子さま 学食でお上品に麻婆茄子丼と雪見だいふく

5月12日(木)16時0分 NEWSポストセブン

ご通学はカジュアルスタイルの佳子さま

写真を拡大

 この4月にICU(国際基督教大学)の2年生になられた佳子さま(21才)は、キャンパスの昼下がりの風景に違和感なく溶け込んでいた。


「佳子さまは男女問わずよくお友達と一緒に学食を利用されています。ふと隣のテーブルを見たら、普通に丼ものを食べていたりして驚きます(笑い)。いつも輪の中心になっておしゃべりされていますよ。


 先日は、ホラー映画を題材にした講義を受けられたみたいで、“ホラーは無理なの! 絶対見られない!”っておっしゃって、困った顔をされていましたね。いつも他愛もない会話をしてらして、ある時は“三代目(J Soul Brothers)のテレビ見たよ〜”とか」(ICUの学生)


“学業優先”を貫かれる佳子さまは授業のない空き時間には大学内の図書館で勉強に励まれている──。そんな姿も同大学の学生の間では評判だ。


「人気のモンスターのキャラクターのペンケースを机の上に置いて、先生から指名を受ければ、しっかりとご自分の考えを発表されています」(前出・学生)


 入学から1年経っても周囲の学生たちは“美しすぎるプリンセス”と同じキャンパスであることに慣れない様子。


「やっぱり佳子さまは目立つから、遠くからでもすぐにわかるんです。“あ、佳子さまだ!”って視線を送る学生も多いけど、ご自身は気にしていないみたいです」(前出・学生)


 4月下旬のある日のランチタイムにも、佳子さまはお友達と連れだって学食に足を運ばれた。


 きれいに巻かれた髪に、スカイブルーのニットは袖口が手の甲の半分くらいまでを覆った、いわゆる“萌え袖”。黒いカバーをつけたスマホを操作するときにちらりと見える手首には、授業中に髪を束ねるのか、黒いヘアゴムが巻かれている。白いレースのミニスカートから伸びた生脚、コンバースのデニム生地のスニーカーという姿は、爽やかな春の陽光に照らされて眩しい。



 学食が賑わう時間帯だったが、無事に席を確保した佳子さまのグループ。その日、佳子さまがメニューの中から選ばれたのは、360円の麻婆茄子丼(669kcal)だった。


「背筋がすっと伸びていて、とても姿勢よくお食事をされてました。お友達の話に笑顔であいづちを打たれていたんですけど、笑う時は必ず口元に手を当てているし、お茶を飲むのは絶対両手。やっぱりお上品なんだなって。


 でも、食後におしゃべりしながら手もちぶさたそうに何度もナプキンを折ったり、前髪を掻き上げて毛先をいじっている姿は、至って普通の女子大生って感じですよ」(別の学生)


 今度はスイーツ選び。売店で手に取ったのは『雪見だいふく』で、佳子さまは白い財布を握られていた。


「佳子さまが使われているのは、『ミュウミュウ』の長財布なんです」(前出・別の学生)


『ミュウミュウ』は『プラダ』と同じデザイナーが手がけ、女子大生など20代女性の圧倒的な支持を集めているイタリアの高級ブランドだ。


 一方、洋服の好みはカジュアルスタイル。通学バッグは『マンハッタンポーテージ』というアメリカンブランドの黒いリュック。昨年5月、大学入学後の合宿で話題となったタンクトップは『アメリカンイーグル』のものだった。


 普段は、ウインドーショッピングもままならない佳子さまは、どのようにしてお気に入りアイテムに身を包まれるのか。


「皇族方は百貨店の外商などを通してお買い物をされることが多いのですが、佳子さまをはじめとしたお若い世代はネットショッピングを利用されることがあるといいます。お店に行ってあちこち見て回ることはなかなか難しいですが、ネットなら多くの商品から好きなものをセレクトできますからね」(宮内庁関係者)


撮影■雑誌協会代表取材


※女性セブン2016年5月26日号

NEWSポストセブン

佳子さまをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ