元ヤン囚人役のトリンドル玲奈 ヤンキー言葉に迷う

5月12日(金)7時0分 NEWSポストセブン

ドラマ『女因セブン』に出演中のトリンドル玲奈

写真を拡大

 7人の女囚が織り成す“プリズンサバイバル”ドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系、毎週金曜日23時15分〜)。同作で、元ヤンでシングルマザー、さらには夫を殺した囚人という、いずれも初挑戦の役に臨むトリンドル玲奈(25才)。クセのあるキャラに魅力を感じると明かす。


「演じる沙羅は22才で自分にはない経験を積んでいて、境遇の違いにぞくぞくしました。ただ、ヤンキーの独特な言葉をどう演じるかは迷ってしまって。ヤンキーのかたにニュアンスを教えてもらおうと思ったけれど、どこへ行けば会えるのかわからなかった(笑い)」


 女囚の沙羅を演じることで、自身の意識も大きく変わったとか。


「服役中で子供にも会えない沙羅は人生のどん底にいる気がする。だからこそ、“もう登っていくしかないな”って。おかげで完璧な仕事ができず反省する日も、“この失敗を次へ生かそう!“と前向きに発想転換して、むやみに落ち込まなくなりました」


 役中では、刑務所歴の長い沙羅が、琴音(剛力彩芽/主演)いじめを主導するなど、作中のキーパーソンの一人だ。


撮影/三宅祐介


※女性セブン2017年5月25日号

NEWSポストセブン

「囚人」をもっと詳しく

「囚人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ