ヴィクトリア・ベッカム、頑張るお母さん達にエール。「私も奮闘中よ!」

5月12日(火)16時55分 Techinsight

夫デヴィッドと4児を育てているヴィクトリア(画像はinstagram.com/davidbeckhamより)

写真を拡大


夫デヴィッド・ベッカム(40)と共に、16歳の長男を筆頭に4人の子を育てているヴィクトリア・ベッカム(41)。しかしファッションデザイナーとして世界中を飛び回る彼女にとって、仕事と家庭生活の両立は非常に困難。それでも愛ある家庭を立派に維持しているヴィクトリアの人気は高く、彼女に憧れる母親達をヴィクトリア本人も「応援したい!」という。

今年4歳になる末娘は、まだママとパパに甘えたい時期。そんな中、時にはビジネスで海外にまで行くヴィクトリア・ベッカムが、母としての葛藤とストレスを『The Sunday People』紙への公開書簡でこう明かしている。

「世界中のワーキングマザー達と同じく、私も最高の母でありたいといった願いを持って常に闘っています。」
「その一方で、子供達には一生懸命に働く姿を示してあげたいとも思っています。」

しかし仕事で家庭を離れると、やはり恋しくなるのは4人の子供達。それでも働く彼女は他の母親達に共感すると言い、このように綴っている。

「私はお母さん方を尊敬しています。だって母親は、自分のことはいつも後回し。そうやって子供達の世話をするのですから。」

母親がその代償として得るのは「喜びと終わりのない愛です」と主張するヴィクトリアは、働く親の背を見て育つ自身の子供達に“ある期待”をしているそうだ。

「両親が必死に働き、今の生活がある。子供達にはそう理解してほしいのです。」
「しっかりと働き、尊敬心を持つこと。何事も当たり前に思わないこと。そんな人間に育ってほしいと願っています。」

一生裕福に暮らせるだけの資産があるベッカム家だが、真面目に生きる姿勢、他人を敬う気持ち、そして仕事への責任感がいかに大事かをベッカム夫妻はかねてより子供達に示してきた。そんな両親に育てられている子供達のうち、長男は地元のカフェで数年間皿洗いのバイトを続けており、自らの小遣いを稼いでいるという。

※画像は、『Instagram davidbeckham』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

ヴィクトリア・ベッカムをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ