和泉家の逆襲が始まる!?元彌の母・節子が再ブレイクした背景とは?

5月13日(水)9時17分 アサ芸プラス

「白熱ライブ ビビット」(TBS系)や「ノンストップ!」(フジテレビ系)など、朝の情報番組やバラエティ番組で昨今再び活躍中なのが、狂言師・和泉元彌の母・和泉節子だ。

 01年、元彌が「劇団☆新感線」の看板女優・羽野晶紀と結婚したことで、姑の節子も一躍注目の的に。その品のある言葉づかいとは裏腹な毒舌が話題となり、「笑っていいとも!」(フジテレビ系)にレギュラー出演するなど、当時は“セッチー”の呼称でさまざまな番組に引っ張りだことなった。

 ところが02年、元彌の公演ドタキャンや遅刻、能楽協会に対する批判などから除名申請が出され、06年に能楽協会退会が確定。この騒動と共にセッチー人気も凋落し、話題になるのは嫁姑問題と、元彌と羽野の離婚問題ばかりとなっていったのだった。

 そんな節子が今、再びテレビ出演を増やしている。その背景を芸能記者が解説する。

「08年4月に羽野がブログを立ち上げ、夫や子供達との円満な様子をアップし始めたこともあって、かつての和泉家の“負のイメージ”も徐々に薄れていきました。そんななか、主婦向け番組が嫁姑問題をテーマにする際のコメンテーターとして再び白羽の矢が立ったのが節子さんなんです。相変わらず共演の坂上忍北斗晶らと言い争うこともありますが、以前に比べてだいぶ性格も丸くなったようですね」

 節子の再ブレイクについて、別の芸能ジャーナリストはこう話す。

「時代錯誤とも思えるような節子さんの発言ですが、姑側の中高年の視聴者からは支持されているようです。また、狂言協会から退会させられ孤軍奮闘状態の和泉一家としては、11歳になった元聖のためにも『和泉家』を盛り立てていきたい。そのためにも円満ファミリーをアピールして、再び家族での仕事を増やしていきたいという思惑もあるのでしょう」

 これを機に和泉家の大逆襲が本格的に始まりそうだ。

アサ芸プラス

「ブレイク」をもっと詳しく

「ブレイク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ