宇垣美里アナ、お渡し会で「神対応」 「黒の魔女」コスプレにカメラマン感嘆

5月13日(月)14時49分 J-CASTニュース

宇垣美里アナ(2019年5月11日撮影)

写真を拡大

「かわいい」「素材からして違う」——。

元TBSアナウンサーの宇垣美里さん(28)が、2019年5月11日にゲストとしてコスプレイベント「Ultra acosta!@池袋サンシャインシティ」に参加。取材したJ-CASTニュース記者の印象では、宇垣さんはもはやアナウンサーというより、完璧なコスプレイヤーとしてカメラのストロボを浴びていた。





クールでミステリアスなキャラクター



カネボウ化粧品のメイクアップブランド「KATE(ケイト)」のオリジナルキャラクター「黒の魔女 Obsidian-オブシディアン」に扮した宇垣さん。アニメ・マンガ好きでTBS在籍時代には18年夏のコミックマーケット94で「魔法少女まどか☆マギカ」のキャラクターの鹿目まどかに扮して、その完成度の高さで話題をさらっており、ビジュアルは折り紙付きだ。



とはいえ今回宇垣さんが扮した「黒の魔女」は、キュートなイメージのまどかと違い、クールでミステリアスなキャラクター。過去とは対照的で、本格的なコスプレにも初めて挑戦するとのことで、初めて黒いマニキュアを塗り、吊り目に見せるなど工夫をこなし、



「既成のものではない、新しいキャラクターになるのは楽しかったです」


と楽しんでいた。




「人間じゃない何かになってみたい」との願望も



宇垣さんは11日午後には「お渡し会」に参加し、約200人のファンにKATEオリジナルグッズを配布した。参加者1人1人の目を見てていねいに話す「神対応」ぶりと、ゴシックな衣装とのギャップに、ファンは魅了されているようだった。


さらに、お渡し会が終わると、ブースを出て、そのまま一般の撮影エリアに登場。通りすがりの参加者は皆一様に「かわいい......」と感嘆の声を漏らし、カメラに収めるべくたちまち人だかりができた。


同じイベントに参加していたコスプレイヤーの伊織もえさんとのツーショット撮影にも応じ、ビジュアル・立ち居振る舞いともに、プロ顔負けの様子に、宇垣さん個人のファンはもちろん、歴戦のカメラマンたちも息をのむしかなかったようだ。登場時間は10分ほどだったが、写真がSNSで拡散されると、



「顔面偏差値がカンストしている」

「メイクや衣装の気合の入りようも素晴らしい」

「元の素材が良すぎるから何のコスプレしても似合いそう」


といった絶賛のコメントがあふれた。


次は「人間じゃない何かになってみたい」とコスプレにも前向きな宇垣さん。フリーアナウンサーとなって、コスプレ方面でもさらに活躍の場が増えるかもしれない。




(J-CASTニュース編集部 大宮高史)

J-CASTニュース

「コスプレ」をもっと詳しく

「コスプレ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ