実家で彼氏とエッチ!? 奔放発言連発の「エッチなお姉さん」柳いろは、パリピな一面でファンを刺激

5月13日(土)17時0分 メンズサイゾー

 女優の柳ゆり菜(23)の姉で、グラビアアイドルとして活躍する柳いろは(26)。「日本一エッチなお姉さん」と呼ばれる彼女の奔放な一面が話題になっている。


 現在、BSフジで放送中の『橋本マナミのヨルサンポII』にレギュラー出演する柳。美女タレントたちがカメラだけが据えられた"無人現場"で、お酒を飲みながら女子のホンネをぶちまけるトーク番組だ。


 出演者はメーンキャストの橋本マナミ(32)のほか、進行役のフリーアナ・澤田南(28)とタレントの竹内渉(たけうち・あゆむ/30)、そして柳の4人。いずれも「結婚したい女」で、過去の恋愛や男性の好みといったガールズトークに花を咲かせている。


 11日の放送では、「自分の実家で彼氏がエッチを迫ってきたら」をテーマにトークを展開。まず、実家でのエッチがOKかどうかを確認すると、全員がそろって「する」と答える。この流れから柳は、「実際、経験ある」と告白。「薄っぺらい戸の向こうにお母さんがいた」と話し、「声を抑えるのが大変だった」とぶっちゃけた。ちなみに、橋本は「(親に)バレたことがある」そうだ。


 ここで澤田が、親が近くにいる状態なら男性には自制してほしいと話すと、柳は「私が我慢できない」と即答する。どうやら柳は、恋人との夜のコミュニケーションを大事にするタイプのようだ。


 さらに柳は、「彼氏と一緒に寝る時の理想の格好」を告白。コトが終わった後は特にカラダを絡ませながら寝るのが好きで、「自分の胸に彼氏の顔を埋めたい」と語った。年上の男性でも「ヨシヨシ」と頭をなでたいと語っており、母性本能はかなり強そうだ。


 一連の柳の発言にネット上の男性ファンは、「よしよしされたい!」「あのEカップに顔を埋められる彼氏が羨ましすぎる」「柳いろはの実家でエッチとか...考えただけでもヤバい」などと大興奮。恋人との添い寝姿を澤田相手に柳が再現すると、そのシーンがすぐさまアップされ、さらに男性ファンの妄想をかきたてたようだ。


 柳のぶっちゃけ発言には驚きの声もあるが、最近の彼女はその弾けたキャラを押し出している。たとえば、ネットバラエティ『もし相方がいなくなったら タカオアトシ』(AbemaTV)では、グラドルが酒を飲みまくる企画で、「パリピ(パーティピープル)で〜す」と大はしゃぎだった。また、人気グラドルによる麻雀番組『ガチンコ脱衣麻雀』(同)でも、ノリノリでセクシーポーズを連発していた。


 3月に行われたビジュアルブック『いろは』(双葉社)の発売記念イベントで、今後はバラエティタレントとしての活躍を目指すと意気込んでいた柳。その気持ちが、最近の刺激的な発言の数々に表れているのかもしれない。

メンズサイゾー

「橋本マナミ」をもっと詳しく

「橋本マナミ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ