永井真理子、11年ぶりTV出演にファン歓喜

5月13日(月)23時7分 ナリナリドットコム

歌手の永井真理子(52歳)が、5月13日に放送されたバラエティ番組「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」(TBS系)に出演。悩みを告白した。

テレビ出演は11年ぶりとなった永井。バラエティ番組「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」(フジテレビ系)への出演やアニメ「YAWARA!」主題歌などで1980年代に人気を呼び、1991年のNHK紅白歌合戦にも出場したが、26歳のときに結婚、30歳で男児を出産し、2003年には子育てのためオーストラリアへ移住、音楽活動も休止した。

そこから10年の月日が流れ、2013年に日本へ帰国。50歳になった2017年に音楽活動を再開し、現在は事務所には所属せずに個人で活動をしているという。

そんな永井の悩みは「今の音楽業界について行けない。SNSの使い方が分からない」といった内容。「50歳からインスタ、Twitterを始めたんですけど、いまのSNSについて行けません」との告白に、スタジオの出演者たちからは、フォロワーを増やすために「炎上してみる」などのアドバイスが贈られた。

また、「ツアーグッズのトレンドがわからない」という悩みも告白。先日行われたツアーでは、「缶ペンケース」や、判子入れ・年金手帳入れなどがある「貴重品収納ホルダー」といった独特なツアーグッズを用意したそうだが、スタジオの面々からはスマートフォンケースなど昨今のトレンドというよりも、ファンの年代に合ったものを、とのアドバイスが贈られた。

今回のテレビ出演について、Twitterなどネットでは「永井真理子さんだ!!」「うおお青春の永井真理子!!」「いま52歳なのか。でもめちゃくちゃカワイイ」「永井真理子のパート、良かったな〜」など、喜びの声が上がっている。

そして番組終了後、永井もTwitterを更新。「TBS『人生イロイロ超会議』見ちゃった!自分の姿をテレビで見るのは昔から大嫌いなんだけどね 少しだけどライブシーンも映ったね!」とツイートしている。

ナリナリドットコム

「バラエティ番組」をもっと詳しく

「バラエティ番組」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ