「本来の『薄桜鬼』じゃない」"2.5次元ブーム"の最中、『薄桜鬼』スピンオフのテレビドラマ化で、ファンは大ブーイング

5月13日(水)12時0分 おたぽる

ドラマ化が決定したゲーム『薄桜鬼SSL ~sweet school life~』公式HPより。

写真を拡大

 女性向け恋愛アドベンチャーゲーム『薄桜鬼SSL 〜sweet school life〜』(以下、『薄桜鬼SSL』)が今秋、テレビドラマ化することが決定。しかし、これに対しファンから怒りと不安の声が噴出している。

 アニメ化や舞台化もされた、新撰組をテーマとした大人気乙女ゲーム『薄桜鬼〜新選組奇譚〜』。そのスピンオフである学園恋愛ゲーム『薄桜鬼SSL』の舞台化と、まさかのテレビドラマ化が、今月8日に発表された。テレビドラマ版のキャストには「仮面ライダー」シリーズ出演者やミュージカル「テニスの王子様2ndシーズン」の出演者など、イケメン俳優を起用。近年の"2.5次元ブーム"を象徴するかのような展開だが、この発表に対して、ファンからは「イメージと違いすぎてだめだ」「本当にイケメンじゃないと成り立たない」「薄桜鬼好きなことが恥ずかしくなる時がくるなんてひどすぎる」と、原作のイメージとの乖離などを理由に、激しい批判が沸いている。

 また、今回の『薄桜鬼SSL』は、本編である『薄桜鬼〜新選組奇譚〜』に登場する新撰組隊士と同じ姿をした男性キャラクターたちがヒロインと学園生活を送る内容となっているおり、いわゆる"学パロ"。本編ではなくスピンオフ作品がドラマ化されるという点も、ファンはいっそう納得がいかないよう。「学園モノの登場人物の名前が新選組ってだけで、意味あるのか」「新撰組パラレル学園モノなんて、一見さんはまず見ない」「あれは薄桜鬼って名前ついてるし登場人物も同じだけど、本来の『薄桜鬼』じゃない」と、不安の声が上がっている。

 ファンの反応同様、オタクで有名なNMB48のアイドル山本彩も、自身のツイッターで「薄桜鬼SSLドラマ化という情報に動揺を隠せない朝、、RT」(原文ママ/https://twitter.com/SayakaNeon/status/596804541867143168)と反応。一方で、この逆境を受けて、藤堂平助役として本ドラマに出演する俳優の石渡真修は、自身のツイッター上で「なんか色んな意見があるけれど与えられた役は、精一杯楽しむよん(((o(*゚▽゚*)o))) おれなりの平ちゃんも楽しみにしててください(^-^)」(https://twitter.com/masyumarochan/status/597202450899054593)と、前向きなコメントを寄せている。

 厳しい意見の目立つ『薄桜鬼SSL』のドラマ化。現段階では失敗を予感するファンが多いようだが、この予感を覆すような出来となることをぜひとも期待したい。

おたぽる

「薄桜鬼」のニュース

BIGLOBE
トップへ