注目ワードロシアW杯・決勝 穴見陽一・患者 本田圭佑・セネガル 木下優樹菜・地震 夫婦・離婚 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

沖縄の人気芸人が主演!豊見城市の魅力伝える映画『スイーツライフ』完成

サーチナ5月13日(水)10時45分
画像:【島ぜんぶでおーきな祭/第7回沖縄国際映画祭】にて、制作・上映された「地域発信型映画」。沖縄本島南部の豊見城市(とみぐすくし)で撮影された『スイーツライフ』の主演の2人、(写真左から)ベンビーと比嘉憲吾(ひが けんご)に話を聞いた。沖縄で活躍中の2人はベンビーはピンで、比嘉憲吾は3人組「初恋クロマニヨン」のメンバーとして広く知られている人気芸人だ。(写真は筆者撮影)
写真を拡大
【島ぜんぶでおーきな祭/第7回沖縄国際映画祭】にて、制作・上映された「地域発信型映画」。沖縄本島南部の豊見城市(とみぐすくし)で撮影された『スイーツライフ』の主演の2人、(写真左から)ベンビーと比嘉憲吾(ひが けんご)に話を聞いた。沖縄で活躍中の2人はベンビーはピンで、比嘉憲吾は3人組「初恋クロマニヨン」のメンバーとして広く知られている人気芸人だ。(写真は筆者撮影)
 2009年スタート、以降毎年3月に開催されている【沖縄国際映画祭】。今年7回目を数え、タイトルを【島ぜんぶでおーきな祭】に変えてスケールアップが図られた。主要カテゴリーとしてうたっている「地域発信型プロジェクト」は継続中で、土地ならではの情報や物産を取り入れた映画作品を制作する「地域発信型映画」は、特に注目が集まるコンテンツだ。今年は日本全国から集まった19作品が上映された中、沖縄本島南部の豊見城市(とみぐすくし)で撮影された『スイーツライフ』の主演の2人、ベンビーと比嘉憲吾(ひが けんご)に話を聞いた。沖縄ではステージやテレビで活躍中の2人はベンビーはピンで、比嘉憲吾は3人組「初恋クロマニヨン」のメンバーとして広く知られている人気芸人だ。

——撮影現場は、どんな雰囲気でしたか?

 ベンビー:楽しい撮影でした。岸本司監督の演出でテンポ良く台詞を進めるシーンが多く、要求されたことを意識しながら演じてましたね。

 憲吾:岸本監督にベンビーさん、そして共演した山城智二さんは以前からの仲間という雰囲気があり、最初は入りにくいなと感じていました。でも温かく迎えられて仲良くさせてもらい、楽しく参加することができました。

 ベンビー:岸本監督のもと、僕と智二さんはドラマ『ハルサーエイカー』ほか色々と一緒にやらせていただいているんです。スタッフさんもいつも一緒のメンバーだったので、後から入って来た憲吾は最初は馴染みづらかったかもしれませんね(笑)。

——事務所を超えた3人が主役、という点も気になりました。

 憲吾:壁や境界線はありませんでした。今言われて、事務所が違うんだと思い出したくらいです(笑)。

 ベンビー:沖縄の芸人は、いろんな現場で一緒のことが多いんです。岸本監督の意向で集まった3人ですし、やりにくさは特になかったです。

——呼吸のあった3人の演技と、自然の美しさが印象に残りました。豊見城市の海と空、青くてキレイでしたね。

 ベンビー:2014年の真夏に撮影し、最高の映像になりました! おかげさまで「アゴマゴちゃん(豊見城産マンゴーのイメージキャラクター)」が、撮影中の浜で熱中症気味になったことがありました(笑)。その位暑かったです。僕は沖縄市の出身で、これまで豊見城市はそんなに訪れる街ではなかったんです。ここ数年、豊崎あたりが栄えたり道路が整って時々行くようになりました。知らない所がいっぱいありましたが、撮影を通して魅力を知りました。海はとってもキレイでしたね!

 憲吾:僕は読谷村出身ですが、豊見城市は以前のイメージより大分栄えていました。忠孝酒造という泡盛工場があったり、撮影しながら新しい発見ばかりで勉強になりました。

——撮影中のエピソードを教えてください。

 ベンビー:同僚役を演じた女の子が兄貴の息子、つまり甥っ子と同級生でした。大分若い子と一緒にやってたんですよね(笑)。

 憲吾:ベンビーさんにズボンを貸したことが、忘れられません(笑)。衣装のズボン、忘れてきた日がありましたね。

 ベンビー:僕は非常に忘れ物が多くて。ガレッジセールの川田さん出演シーンでは、ベルトを忘れてしまいましてエキストラの方から借りました(笑)。川田さんは市長役でがんばっていました。不思議なテンションで演じていて、絶対笑わないようにと周りの人に言ってましたよ(笑)。

 憲吾:名産のマンゴーをたくさんいただき、甘くて最高の味でしたね!

 ベンビー:撮影中はたらふくいただいて、本当に美味しかったです。数万円分と思われる量ありましたね。地元の名産や情報をこれでもかって位出しまくる珍しい映画が完成しましたよね。僕は車から見える風景を撮った、オープニング映像が大好きです。それ見た瞬間、最高だなと思えましたね。集中して3日間で撮った映画ですが、とにかく楽しかったです。監督が楽しい空気を作ってくれていました。

 憲吾:見た方も全員満足できる映画じゃないか、と思います。僕はゴリさんが監督した『やんばるキョ!キョ!キョ!』にも最初のシーンだけ出演させてもらいましたが、2作品ともそれぞれ違う魅力がありますね。地域発信型映画ですが2本出演できて、勘違いしそうです(笑)。

——ベンビーさんはピン芸人として活躍されながら、舞台劇「綾宮の宴」を始めドラマや映画、俳優としての活動も多いですね。切り替えなど意識していることはありますか?

 ベンビー:あまり考えていません。ドラマや舞台でも、コントの延長みたいな役をいただくことが多かったりするんです。「芸人」宣言すると面白くて当たり前とハードルが上がるので、行く行くは「しゃべれる役者」という路線でいこうかなって考えているんですよ。役者だけどこんなにしゃべれるんだ、という方向で行くと面白い人に見えるんじゃないかな〜。肩書きとしては、「ちょっと面白い役者」がいいのではないかと思っています。

——憲吾さんも、俳優のお仕事に興味がありそうですね。

 憲吾:ベンビーさんのスタンス、いいですね(笑)! 僕も演じる事は好きです。できそうな役とできない役がありますが、いろんな役に挑戦してみたい気持ちはあります。時々僕は「沖縄おもろおばけ屋敷」でマジムンというおばけになって、お客さまをエスコートするガイド役をやっていますが、数時間ずっと舞台の上にいる感覚になります。おばけ屋敷なので怖い場所もありますが、ゲーム感覚で楽しめるアトラクションなんです。

 ベンビー:楽しそうですね。憲吾を始め沖縄の後輩芸人がやりにくかったら困るので(笑)、変装してぜひ行きたいですね。

 憲吾:本当に面白いので、ベンビーさんもみなさんもぜひ来てください!(取材・文責:饒波貴子)(写真は筆者撮影)
Copyright (C) Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

関連ワード
映画のまとめ・写真 沖縄のまとめ・写真 芸人のまとめ写真 魅力のまとめ写真

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「沖縄の人気芸人が主演!豊見城市の魅力伝える映画『スイーツライフ』完成」の関連ニュース

注目ニュース
いくら無知でもこれはヒドイ!木下優樹菜が大阪地震で「不謹慎すぎる」ひと言 アサ芸プラス6月22日(金)10時50分
悪気がなければいい。という問題ではない?タレントの木下優樹菜が6月20日に更新したインスタグラムが波紋を呼んでいる。18日に発生した震度6…[ 記事全文 ]
NEWS小山慶一郎、3週間の謹慎でTV復帰報道に「早すぎる!」の声 アサジョ6月22日(金)18時15分
6月7日より未成年女性への「飲酒強要騒動」を謝罪し、タレント活動を自粛しているNEWSの小山慶一郎。ところが一部報道によると6月30日放送…[ 記事全文 ]
有働由美子アナが節目の50歳直前に結婚発表か まいじつ6月22日(金)10時30分
(C)まいじつ10月から日本テレビのニュース番組『NEWSZERO』のメインキャスターに就任する元NHKアナウンサーの有働由美子。先ごろ写…[ 記事全文 ]
小柳ルミ子、惨敗アルゼンチンのGKひたすら罵倒! 「メッシは擁護」で批判殺到 J-CASTニュース6月22日(金)16時42分
サッカー好きの一面がある女優・小柳ルミ子さん(65)が、ロシア・ワールドカップ(W杯)のクロアチア代表戦を0-3で落としたアルゼンチン代表…[ 記事全文 ]
ジョニー・デップ、離婚&金銭問題で「どん底に落ちた」と赤裸々告白 クランクイン!6月22日(金)13時20分
先日、激ヤセ報道で心配された俳優ジョニー・デップが、米音楽誌「RollingStone」のインタビューで、女優アンバー・ハードとの離婚や元…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア