特捜部が不起訴にした小渕優子前経産相 決定的疑惑3つ残る

5月13日(水)7時0分 NEWSポストセブン

 小渕優子・前経産相の不起訴処分は明らかにおかしい。関連政治団体をめぐる政治資金問題で、東京地検特捜部は折田謙一郎・元秘書(群馬県中之条町前町長)ら2人を「政治資金規正法違反(虚偽記載)」容疑で在宅起訴として、小渕氏本人は不問に付した。茶番捜査もいいところだ。


 何よりおかしいのは、小渕氏の資金管理団体で1億円近くもの簿外支出があったことが明らかになっているのに使途を捜査しなかったことである。


 収支報告書に記載しないカネは「裏金」だ。地元関係者によれば裏金の主な使い途は「飲食代や贈答品代などの交際費」や「餞別」だった。〈秘書らが地元の有力者と簿外資金で飲食をともにすることもあった〉(読売新聞4月29日付)との報道もある。


 仮に裏金で選挙区の有権者に接待を繰り返していれば「買収=公職選挙法違反」であり、政治家本人の犯罪にもなり得る。


 政治資金問題に詳しい岩井奉信(ともあき)・日本大学法学部教授が解説する。


「小渕氏自身は資金操作を指示していないと主張しているが、それが本当だったとしても1億円の簿外支出で買収が行なわれていれば、連座制で失職する」


 特捜部のシナリオでは、「積み重なった簿外支出によるマイナスを補するため、地元支援者らを招いた明治座での観劇会が(報告書上は)赤字になったように見せかけて帳尻を合わせた」ことになっている。


 それも怪しい。関連政治団体(自民党群馬県ふるさと振興支部)の2012年分の収支報告書には2010年分や2011年分と違って、観劇会関連の記載がない。前出の関係者は「観劇会は毎年実施されていた。2012年は総選挙直前の10月に、明治座140周年記念の『梅沢富美男・中村玉緒特別公演』を観たはず」という。


 当時の公演案内によればチケットは1・2階席とも1万2000円で小渕氏が説明していた会費と同額だから、2012年分は少なくともバス代などの関連経費は「選挙前の有権者サービス=買収」だった疑いがある。


 3階席は5000円だが、3階部分は144席しかない(1階は834席、2階は390席)。小渕氏自身、1回1000人規模のツアーだったと説明しているから、1・2階席を使ったことは間違いないとみられる。特捜部はなぜその点を追及しないのか。


 さらに、家宅捜索では会計書類を保存していたハードディスクがドリルで破壊された状態で見つかった。その問題について特捜部は「証拠集めに支障はなかった」としたが、


「別の証拠があればいいというものではない。ハードディスクがあれば証拠能力が強化される可能性がある。隠す意図があれば、証拠隠滅罪に該当する」(刑法が専門の土本武司・筑波大学名誉教授)のは当然である。


 小渕氏は「政治的道義的責任を痛感しています」とコメントを発表したが、本当にそう思うなら議員辞職は当然であり、特捜部は「刑事責任」を追及すべきだ。


※週刊ポスト2015年5月22日号

NEWSポストセブン

「小渕優子」のニュース

BIGLOBE
トップへ