佳子さまに親しみを込め呼び捨てにするサッカー部の先輩

5月13日(金)7時0分 NEWSポストセブン

大学キャンパスでは男子学生の注目の的

写真を拡大

 ICU(国際基督教大学)の2年生になられた秋篠宮家の次女・佳子さま(21才)。“美しすぎるプリンセス”として、ひときわ輝きを放つ佳子さまを遠巻きに見ている男子学生たちも多く、キャンパス内で騒ぎ立てることはないものの、「めっちゃきれい!」「やばい!」と囁き合っている。中には、さりげなく佳子さまと同じテーブルのお友達に話しかけて存在をアピールする学生もいる。


「なんとか佳子さまの連絡先をゲットしようと奮闘する男子学生もいるんですが、なかなかお近づきになれず(苦笑)。それでも、佳子さまとLINEで直接連絡を取り合っているカレがいるんです。それはサッカー部に所属する先輩で、個人的なやりとりをしているだけでなく、佳子さまのことを親しみを込めて“佳子”と呼び捨てにしているそうです。女子にとって下の名前を呼び捨てにされるのって、何となく特別ですからね。そのカレの存在はすぐキャンパスに広まっていました」(ICUの学生)


 皇族というお立場上、“佳子さま”あるいは“佳子内親王殿下”と敬称をつけてお名前を呼ばれる機会の多い佳子さま。親しい女友達からは呼び捨てにされることもあるが、学内では“秋篠宮さん”と呼ばれることが多いという。


「愛子さまは“敬宮”からとって、“トッシー”と呼ばれています。悠仁さまは、お茶の水小の同級生から“ひさひと”と呼び捨てにされていますが、あくまで同性から。それだけに、同年代の異性から“下の名前”を呼び捨てにされることは、佳子さまの胸にも、ときめくものがあるかもしれません」(宮内庁関係者)


 ご両親である秋篠宮さまと紀子さまが運命的な出会いを果たされたのは、学習院大学構内の書店だった。佳子さまの“赤い糸”がつながる先は…。


撮影■雑誌協会代表取材


※女性セブン2016年5月26日号

NEWSポストセブン

佳子さまをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ