世にも奇妙な朝日新聞の「訂正・おわび」記事たち

5月13日(土)7時0分 NEWSポストセブン

作家・比較文学者の小谷野敦氏

写真を拡大

〈当社は、読者の信頼を取り戻すための第一歩として、訂正記事の書き方を変えます〉〈必要に応じて間違えた理由などを丁寧に説明します〉──2014年12月9日、朝日新聞は朝刊紙面でそう宣言した。


 2014年といえば、「慰安婦」、「吉田調書」の記事取り消しや訂正、謝罪に追われた年である。翌2015年4月からは「訂正・おわび」を社会面に集約。2段抜きの見出しで掲載するようになった。そうした取り組みの“成果”として、訂正・おわびの件数が月平均27件と、以前の倍以上に増えた(2014年10月から2015年6月まで)。


 現在も数多くの訂正記事が出ている。〈「間違った記事は速やかに訂正する」姿勢を社内で徹底した結果〉(同紙2015年8月22日付朝刊より)だと朝日は言う。しかし、「羹に懲りて膾を吹く」ような訂正も少なくない。それらの訂正記事を作家・比較文学者の小谷野敦氏が分析する。


 * * *

 かつて、『日本売春史』(新潮社)という私の著書の書評が朝日新聞に掲載されたことがある。その内容に誤りがあったので、朝日に対応を求めた。書評は朝日のウェブサイト上に今も掲載されており、誤りは訂正も削除もされないままだ。


 長く、朝日をはじめとする新聞記事の誤りに注目してきたが、最近の朝日の「訂正・おわび」記事を検証すると、目を引くものがいくつかある。まず目についたのが、単純なミスかのように「言い訳する」訂正だ。 夕刊美術面に載った17世紀の屏風絵についての解説では、湯屋で男の世話をする「湯女」のルビを間違え、こう訂正した。


〈「湯女」の読み方が「ゆめ」とあるのは「ゆな」の誤りでした。ルビを入力する際に打ち間違えました〉(2016年1月28日付夕刊)


 タイプミスによる「打ち間違え」ではなく、本当に「ゆめ」だと思ったからそう書いたのだろうと突っ込みたくなる。


 昔は大新聞の記者には知性と教養があったが、最近は知性が劣化してバカばかりになった。2014年春に朝日に入社した記者の中で東大卒の新入社員はゼロだったらしいが、今後がますます案じられる。


「打ち間違えた」「入力を誤った」などの理由説明は他にも多い。これは、“頭ではわかっていた”という言い訳だ。


 だが、読み仮名の間違いは書き手が勝手に思い込んで間違えたのであり、賢しらな誤りといえよう。


 驚いたのは、乗馬クラブを脱走したシマウマ「バロン」が、捕獲時に麻酔薬入りの吹き矢を受け、ゴルフ場で溺死したという記事(2016年6月1日付朝刊)の訂正だ。元の記事に掲載された「麻酔薬を打たれたバロン」と説明が付いた写真には、直立するシマウマのたてがみに“刺さった矢”に、「麻酔薬(吹き矢)」との吹き出しが付いていた。だが掲載翌日、こんな訂正が掲載された。


〈シマウマの写真で、「麻酔薬(吹き矢)」と指し示した物は吹き矢ではなく、地面に置かれた棒状の物でした。確認が不十分でした〉(2016年6月2日付朝刊)


 写真を見誤ったか、写真提供者から「これが吹き矢」と説明されたかは不明だが、麻酔薬入りの矢が刺さったまま、シマウマが立って静止している場面の不自然さに気付くべきだった。


 また、ある連載記事で札幌から鉄路で新千歳空港に向かった記者は情感豊かに記事をこう締めくくった。


〈トンネルを抜けると、平原にふっかりと積もった雪に陽光が強く照り返している。目を閉じ、ただただ白い残像に心を預けた〉(2017年1月28日付朝刊)


 しかしその3週間後、朝日は「トンネルを抜けると、」の部分を削除するとして、こう説明した。


〈JR千歳線で札幌から新千歳空港へ向かう間に、通り抜けるトンネルはありません。沿線の林を抜ける際に視界が広がったのを、記者が勘違いしました〉(2017年2月18日付朝刊)


 川端康成気取りで恥をかいた。


【PROFILE】こやの・あつし/1962年生まれ。作家、比較文学者、学術博士(東京大学)。著書に『芥川賞の偏差値』(二見書房)など。『聖母のいない国』(河出文庫)でサントリー学芸賞。


※SAPIO2017年6月号

NEWSポストセブン

「朝日新聞」をもっと詳しく

「朝日新聞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ