『美女と野獣』実写版、ハマる6つのポイント

5月13日(土)16時0分 NEWSポストセブン

映画『美女と野獣』 メガヒットの秘密を解剖(HPより)

写真を拡大

 1991年公開のアニメーションを実写化し、すでに『アナと雪の女王』超えの呼び名も高い『美女と野獣』。観客動員数は新記録を打ち立てんばかりで、まさに社会現象となっている。あの『アナ雪』を超える勢いの『美女と野獣』。大ヒットの理由を、映画ソムリエの東紗友美さんはこう語る。


「内容はアニメーションとほぼ同じですが、上映時間が約50分も長い分、野獣とベルが心を通わせていく心情など、1つ1つのシーンがていねいに描かれています。ベルに求婚するいばりんぼうのガストンは、実は従軍していたとか、野獣のお母さんが亡くなったことも今回初めて明かされました。アニメーションのファンが、“このシーンには、こんな意味があったのか!”と今作を見て初めて理解できることも多いのです」(東さん)


 傑作と呼び声高いアニメーションから更に進化した同作、1度といわず、何度も劇場に足を運びたい。ここではハマる6つのポイントを紹介する。


【1】主演のエマ・ワトソン(27才) は『ラ・ラ・ランド』を蹴ってオファーを快諾


「ベルはディズニーヒロインの中でいちばん、自分に近い」というエマ。子供の頃から、全ての曲を何も見ないで歌えるほど、同作のファンだったという。今年、アカデミー賞最多6部門を受賞した『ラ・ラ・ランド』のヒロインのオファーを同作のために断り、乗馬やダンスシーンのため、3か月以上ロンドンで訓練して臨んだ。


【2】アニメーションにないエピソードが明かされる


「王子が野獣になった理由は、アニメーションでは15秒程度で簡単に説明されていましたが、今作では冒頭の舞踏会シーンで迫力たっぷりに描かれています」(東さん)。


 ベルの母親が伝染病で亡くなったことも明らかになり、時代背景がうかがえる。


【3】ボールルーム、城、町…豪華な舞台は全てがセット


 ベルが暮らす村、野獣の城、ボールルームなど27種類ものセットが、1000人以上のスタッフによって、手作業で建てられた。ベルと野獣が踊る城のボールルームは人工大理石のフロアに10点もの豪華なシャンデリアが設置された。



【4】楽曲にはあの大物歌姫たちが参加


エンディングを歌うのは若き歌姫、アリアナ・グランデ(23才)と2015年に『グローリー/明日への行進』でアカデミー賞主題歌賞を受賞したジョン・レジェンド(38才)。さらに、アニメーション版の主題歌を担当したセリーヌ・ディオン(49才)も、実写版オリジナルの新曲で参加している。


【5】野獣の中では“竹馬”履き


 最新のデジタル技術によって再現されている野獣だが、野獣を演じたダン・スティーヴンス(34才)は竹馬のような靴を履き、20kgのボディースーツを着てエマとのダンスシーンを実際に演じている。野獣の角は、ダンスでじゃまにならないよう、後ろ向きにデザインされた。


【6】プレミアム吹替版・字幕版をはしごするリピーターが続出


 野獣役のダンをはじめ、ガストン役のルーク・エヴァンス(38才)などアメリカの著名な舞台出身者が名を連ねる同作。吹き替え版もミュージカル経験豊富な役者が揃い、「このメンバーでミュージカル化してほしい!」と切望するファンも多い。


※女性セブン2017年5月25日号

NEWSポストセブン

「美女と野獣」をもっと詳しく

「美女と野獣」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ