ジョージ・クルーニーの弁護士妻、夫の“駄目ファッション”に呆れることも。

5月13日(水)17時55分 Techinsight

ジョージ・クルーニーのファッションセンスに、妻アマルさんは困惑。

写真を拡大


スーツの似合う熟年俳優ジョージ・クルーニー(54)だが、ファッションセンスはイマイチらしい。このほどインタビューに応じたジョージは新妻を話題にし、「妻にダメ出しされることも度々ある」と明かした。

公の場にも堂々と登場し、ハリウッド女優顔負けのプロポーションとファッションで周囲を華やかにするアマル・クルーニーさん(37)。そんな妻につき、昨年夫になったジョージ・クルーニーはこうメディアに語っている。

「初めて会った日から、彼女は自分のスタイルというものを確立していたよ。」
「彼女にはスタイリストもいない。だけどお気に入りの服を持っているし、どういう服を着るか理解しているんだ。」

しかし夫ジョージの私服について、アマルさんは少々残念に感じているようだ。

「そう、彼女は俺のファッションセンスに困惑しているね。」
「『その“テキーラ”って書いてあるTシャツをまた着るの?』なんて聞かれることも、よくあるさ…。」

ファッションのみならず“幸せ太り”までダメ出しされている最近のジョージだが、クールな彼女にジョージは夢中。これまで交際した“献身的に尽くすだけの女性”とは違う妻に、ジョージはベタ惚れなのだ。弁護士として多忙なアマルさんとは離れて過ごすことも多いジョージだが、夫婦間で「1週間以上は離れない」とルールを定めているのだそう。子作りについては年齢が年齢だけに焦っているのではと思いきや、ジョージは「それはまだ分からないね、アハハ」と呑気に答えている。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

「ジョージ・クルーニー」のニュース

BIGLOBE
トップへ