「島での幸せな生活と過酷な体験は、皆さんが知る“西郷隆盛”に変わっていくために必要な期間」鈴木亮平(西郷吉之助)2【「西郷どん」インタビュー】

5月13日(日)12時0分 エンタメOVO

西郷吉之助役の鈴木亮平

写真を拡大

 敬愛する主君・島津斉彬(渡辺謙)の死とともに窮地に陥った吉之助は、ついに故郷・薩摩から遠く離れた島へ送られることとなった。どん底に落ちた吉之助は、今後、奄美大島、沖永良部島と二度の島流しに遭いながらも、運命の女性・愛加那(=とぅま)との出会いなどを経て、大きく成長していく。果たして、その先に待ち受けるものとは? 主演の鈴木亮平が、第18回以降の見どころ、斉彬に対する思いなどを語ってくれた。



−島流しに遭ったときの吉之助の心境はどんなものだったのでしょうか。

 絶望と自己嫌悪です。自分1人だけが生き残ってしまったという自己嫌悪の思いは、とてつもなく大きい。殿(=斉彬)もいない、自分は何も成し遂げられなかった、全部失敗した。そんなことから最初、気持ちは死に向かっています。吉之助さん自身も「自分は土の中の死んだ骨だ」と言っていますが、まさに死人です。

−そんな吉之助を演じてみた感想は?

 全く別のドラマのような気分です。つらさも感じないぐらい感情がゼロの状態で、島の自然の美しさや、人の優しさに気付くことなく、現地の風習を見下している。出された料理に手もつけず、ひっくり返してしまうのですが、そんなことは今までの吉之助さんからは考えられません。でも、そういうことが自然にできてしまう。自分の中に生まれてくるものが、今までの吉之助さんとは全く違ったので驚きました。

−そこから立ち直っていくきっかけになるのが、愛加那との出会いでしょうか。

 愛加那さんと出会い、自分が「民のために」と思ってやってきたことが、島の人たちからの搾取の上で成り立っていたことに気付かされます。吉之助さんは、“自分のため”という理由では再生できません。人のために、この状況を何とかしたいと思った時に再生していく。そのきっかけを与えてくれたのが、愛加那さんでした。そこが大きなポイントになっていると思います。

−民のために尽くそうとしてきた吉之助は、愛加那から「私たちは民のうちに入っていなかった」と言われます。この言葉は吉之助に大きな影響を与えそうですね。

 そうですね。僕が一番好きなせりふですが、まさに衝撃です。ずっと「民のために」と思って働いてきた吉之助さんは、そういう搾取の構図があることを知らなかった自分を責める。そこで「こんなことがあってはならない」と思ったことをきっかけに、目の前のことだけでなく、それが間接的にどんな影響を与えるかということを、大きな視点で考えるようになったのだと思います。

−愛加那役の二階堂ふみさんと共演した感想は?

 すごいです。感受性の塊という印象ですが、それだけでなく、客観的な視点からいろいろなアイデアも出しつつ、真面目にお芝居と向き合う。その姿勢に本当に驚かされます。年齢は僕よりもかなり下ですが、引っ張っていただいているような感覚もあり、その方が正解な気がしています。二階堂さんの感性やお芝居に染まることが、吉之助さんが島に染まっていく過程にリンクすると思うので。

−吉之助の生涯において、島での生活はどんな意味を持つのでしょうか。

 皆さんが知っている、ぶれない、頼もしい、大人の“西郷隆盛”に変わっていくために必要な期間が、二つの島での幸せな生活と過酷な体験だったのではないかと。今の吉之助さんを見ていると、頼りなくて失敗ばかりなので、「本当に西郷隆盛?」と感じるかもしれませんが、島での生活がその大きな転換点になると思います。

−それに合わせて、鈴木さんのお芝居も変わってきそうですね。

 全然違うお芝居になっていると思います。「殿のために」と頑張っていた時代とは違って、いい意味でどんどん力が抜けていきますし、愛加那さんと結婚して子どもも生まれ、守るものを持ったことで強くなる。吉之助さんの成長をはっきりと感じていただけるのではないかと思います。

−そこで改めてお伺いしますが、斉彬とは吉之助にとってどんな存在だったのでしょうか。

 恩人であり、師匠です。亡くなったときは、そのことが受け入れられず、自分が殿の代わりになるんだと突っ走ったものの、やっぱり殿には届かなかった。結局、殿の背中を追っているだけでは、吉之助さんは大きなことを成し遂げられなかったと思うんです。そういう意味で、これからは「斉彬越え」が一つのテーマになります。だから、お芝居の面でも、渡辺謙さんから教えていただいたことを、一回、捨ててみようかと思っています。というのも、意識しなくてもその影がほのかに見えるぐらいがちょうどいいような気がするので。

−渡辺謙さんとの共演で得たものは?

 謙さんは普段、後輩の役者にアドバイスなどはされないそうですが、今回は僕にいろいろとアドバイスしてくださいました。時代劇ならではのこともたくさんあるので「あそこはもう少しああした方がいい」、「こうすると伝わる」みたいな感じで…。丁寧に教えてくださったことに、すごく愛情を感じました。そういったことや、謙さんのお芝居を見て気付いたこと、勉強したことの一つ一つが宝物です。そうして得たものは、僕らも引き継いで行かなければと、責任も感じています。

−奄美大島や沖永良部島でのロケ撮影が多かったそうですが、現地で撮影した感想は?

 大河ドラマでこの時期に長期ロケをするのはあまりないことだそうですが、その分、映像は素晴らしい仕上がりになっています。撮影中は、天気に不思議な力を感じることも多かったんです。悪天候が続く中、旅立ちの場面を海で撮ろうとしたらカラッと晴れてくれたり、大切な人の死を知った吉之助さんが雨の中、空を見上げて泣くシーンでは雨が降ったり…。。

−撮影以外の思い出は?

 奄美大島での撮影後、少し時間があったので、ホエールウォッチングやシュノーケリングに行きました。初めてクジラを見ましたが、すごかったです(笑)。ものすごく癒やされました。おかげで今は、後半の撮影に向けてガソリン満タンです!

(取材・文/井上健一)

エンタメOVO

「鈴木亮平」をもっと詳しく

「鈴木亮平」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ